アクアオーラの鑑別aqua_aura

パスクルの『アクアオーラ』の鑑別書

鑑別機関:日本彩珠宝石研究所

鉱物種名 宝石名
天然クォーツ クォーツ
その他 色相・透明度
表面虹彩被膜処理あり 淡青色 透明石:表面被膜部の色
摘要
裸石
パスクル補足
「水晶」を高温で加熱し、イオン化させた金を蒸着させた人工加工が施されておりますので、鑑別結果では「天然クォーツ」となります。

仕入れを行う際、連またはブレスレットの状態で入荷しております。
パスクルでは、入荷時の連またはブレスレットの中から、無作為でピックアップした粒を鑑別機関に依頼し、鑑別に出しております。

お客様へお届けする商品は、各石ごとに、鑑別に出したものと同仕入れ先の天然石を使用しております。

アクアオーラとは

『アクアオーラ』は自然界にある姿ではなく、水晶(天然クォーツ)に人工加工が施された石です。

シャボン玉のような可愛らしい輝きが特徴で、アメリカでもクリスタルヒーラーから人気があるようです。
その製法とは透明な「水晶」を高温で加熱し、イオン化させた金を蒸着させるというものです。

この特殊な製造工程はアメリカ合衆国の特許で保護されており、他の国には伝えられていないと言われております。

近年では、このオーラ加工の美しさが注目され人気が集まったため、水晶だけでなく、ローズクォーツやオニキス、ヘマタイトなど、ほかの天然石にもオーラ加工を施したパワーストーンが販売されています。

オーラ系ストーンの一例

アクアオーラ
淡いブルーカラー・ダークブルー
コスモオーラ
淡いバイオレットカラー・ブラック 
ゴールデンオーラ
淡いゴールドカラー
ローズオーラ
ローズクォーツにオーラ加工
オニキスオーラ
ブラックオニキスにオーラ加工

※『アクアオーラ』は水晶に特殊加工を施したもののため、アクアオーラという鉱物はございません。

オーラ系ストーンの種類

アクアオーラの産地

『アクアオーラ』は原産国は主にブラジル。加工はアメリカで行われております。

アクアオーラの品質・価値

天然石では、色が濃いものがより価値があるとされることが多くありますが、『アクアオーラ』は人工加工が施されたものです。
この加工方法は特殊で、アメリカ合衆国の特許で保護されております。そのため、アメリカ以外で加工された『アクアオーラ』はパワーストーンとしての価値はあまりないと言えます。
一方で、加工の工程によるものか、内部に多くのクラックが見られる場合もあり、しっかりとクラックのない(又は少ない)ものを厳選してブレスレットにしているショップは信頼できます。

  • 【低品質】

    【低品質】

  • 【一般的な品質】

    【一般的な品質】

アクアオーラの本物・偽物

アクアオーラは人工的な加工が施されているので、よく似せた偽物というのは見られません。
しかし、ほかのオーラ系ストーンでブルーでないものが「アクアオーラ」という名称で販売されているケースもありますので、その点は注意しましょう。
※アクアオーラは、水晶のオーラ加工(蒸着)を施したストーンの中で、ブルーの色合いのものを指します。

パスクルの『アクアオーラ』鑑別書を見る

アクアオーラのトップページへ

鑑別書一覧

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP