ブラックオニキスの鑑別black_onyx

パスクルの『ブラックオニキス』の鑑別書

鑑別機関:日本彩珠宝石研究所

鉱物種名 宝石名
天然クォーツ(多結晶質) ブラック・カルセドニー
その他 色相・透明度
色素による着色処理が行われています 黒色 不透明石
摘要
裸石
パスクル補足
鑑別結果では、カルセドニーとなりました。こちらは着色の処理が施されています。

天眼石の方では「ブラックオニクス」の鑑別結果が出ております。

詳細は、下記の"ブラックオニキスとは"にて記述します。

仕入れを行う際、連またはブレスレットの状態で入荷しております。
パスクルでは、入荷時の連またはブレスレットの中から、無作為でピックアップした粒を鑑別機関に依頼し、鑑別に出しております。

お客様へお届けする商品は、各石ごとに、鑑別に出したものと同仕入れ先の天然石を使用しております。

ブラックオニキスとは

『オニキス』はアゲートの一種です。

本来のオニキスの定義としては「白い縞模様があること」なので、パワーストーンで知られる"真っ黒のストーン"は、実は『オニキス』ではないのです。

鉱物としては、クォーツ(石英)にあたり、クォーツの微細な結晶が集まって出来た鉱物です。

このクォーツ(多結晶質)の中で、縞模様のあるものがアゲート(中でも白い縞模様は〇〇オニキス)、縞模様のないものがカルセドニーとなるのです。

そのため、パワーストーンで良くみる「ブラックオニキス」は、縞模様がないので実は「ブラックカルセドニー」にあたります。 (とてもややこしい話ですね。)

本来のオニキス

もう少し本来のオニキスについて紹介します。

本来のオニキスは、前述のとおり"白い縞模様があるアゲート"なのです。
そのため、オレンジ色に白い縞模様があれば「サードオニキス」(パワーストーンでもよくあるストーンです。)に、赤い色に白い縞模様があれば「カーネリアンオニキス」など、実はオニキスにも複数の種類があります。

パワーストーンで見られる「ホワイトオニキス」とは、宝石の定義に基づくと"白い石に白い縞模様"が必要になるので、実はほとんどありません。

パワーストーンのホワイトオニキスは、鑑別では「ホワイトクォーツァイト」となります。こちらは派生の派生といった形で、前述のブラックオニキス(縞模様のない真っ黒のストーン)と正反対の色をしていたので、ホワイトオニキスと呼ばれるようになったようです。

オニキスの種類

ブラックオニキス
黒いストーンの中に白い縞模様が見られるアゲート
サードオニキス
橙~褐色のストーンの中に白い縞模様が見られるアゲート
カーネリアンオニキス
赤色のストーンの中に白い縞模様が見られるアゲート

パスクルの『ブラックオニキス』鑑別書を見る

ブラックオニキスのトップページへ

鑑別書一覧

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP