モリオンの鑑別morion

パスクルの『モリオン』の鑑別書

鑑別機関:日本彩珠宝石研究所

鉱物種名 宝石名
天然クォーツ モーリオン(黒水晶)
その他 色相・透明度
通常、色の変化を目的とした人為的な照射処理が行われています 黒色 不透明石:強光透過で黒褐色
摘要
裸石
パスクル補足
「天然のモリオン」である確認が出来ました。

照射処理の有無については、鑑別では識別できませんので、「通常、色の変化を目的とした人為的な照射処理が行われています」という記載がされます。

当店では、原石の調達から加工まで請け負っている工場に、『天然色モリオン』と確認が取れているものを仕入れております。

仕入れを行う際、連またはブレスレットの状態で入荷しております。
パスクルでは、入荷時の連またはブレスレットの中から、無作為でピックアップした粒を鑑別機関に依頼し、鑑別に出しております。

お客様へお届けする商品は、各石ごとに、鑑別に出したものと同仕入れ先の天然石を使用しております。

モリオンとは

『モリオン』はクォーツの一種で、クォーツとは『石英』と呼ばれる二酸化ケイ素が結晶化してできた鉱物です。
石英の中で、無色透明なものを『水晶』と呼びますが、『モリオン』は黒色の水晶のことを指します。
石英には種類が数種類あり、よく知られている天然石が多いです。

石英の種類

ローズクォーツ
薄いピンク色:チタン、鉄、マンガン
アメジスト
紫:鉄イオン
※加熱処理によってシトリンへと変化
シトリン
黄:鉄イオン
※天然シトリンは産出が極めて少ないため、多くはアメジストを加熱処理したもの
スモーキークォーツ
茶色っぽい煙色:アルミニウムイオン
放射線照射処理によって色付けされることが多い
放射線の量が多いほど濃い色のスモーキークォーツへと変化
モリオン
こげ茶~黒
スモーキークォーツと区別する明確な定義はない
レモンクォーツ
黄:硫黄

煙色をした『スモーキークォーツ』がありますが、『モリオン』は『スモーキークォーツ』に分類されます。

『モリオン』・『ケアンゴーム』・『スモーキークォーツ』とありますが、これらは分類上同じで、黒色の色の濃さにより名前が異なります。

色味のより薄いものを『スモーキークォーツ』
より黒色が濃くなると『ケアンゴーム(カンゴーム)』
真っ黒だと『モーリオン』
と呼ばれるのです。

ですが、これらを区別する明確な定義はありません。

またパワーストーンとして出回っている『モリオン』はほとんどの場合、照射処理によってより水晶の色味を黒色に変化させていたり、スモーキーのものを照射により、より黒色に処理されていることが多く、無処理の『モリオン』は極めて少ないのです。

クォーツ(石英)グループの色

モリオンの産地

モリオンの主な産地はブラジル、中国、ロシアです。
以前ブラジル産のモリオンは豊富に採掘されたため、有名でしたが、現在では枯渇状態となり、採掘が困難となっているのが現状です。

モリオンの産地特徴

ブラジル産
良質で黒色が濃く光が通りにくい。現在は枯渇状態
チベット産
非常に黒みが強く美しい。現在は枯渇状態
山東省
チベット産よりは黒みが少し薄い。
ロシア産
スモーキークォーツに近い色合いが多い。

モリオンの色

『モリオン』は黒水晶の名前の通り、黒色の水晶のことです。
『スモーキークォーツ』と分類は同じですが、中でも黒味の強い真っ黒のものを『モリオン』と呼びます。

モリオンの本物・偽物

『モリオン』は見た目、黒色の天然石のためよく似た天然石があります。
パワーストーンで最もポピュラーな『ブラックオニキス』。
どちらも真っ黒の天然石であり、天然石の硬度を示すモース硬度も同じくらいであるため、見た目で差が分かりません。

また、偽物とするか本物とするかは購入者によると思いますが、処理がされている『モリオン』も考え物です。
天然石において、何らかの処理がされていることは多くあります。

現在パワーストーンとして販売されているほとんどは、照射処理のされた『モリオン』と言われています。
『モリオン』は鉱物は石英のため、同じ石英の『水晶』や『スモーキークォーツ』に照射処理を行い、真っ黒の『モリオン』へと変化させる処理法です。

似た石もあるので、本物か偽物かを判断するには鑑別をとると良いでしょう。
『モリオン』である場合、鉱物種は『クォーツ』となります。

モリオンの照射処理について

全く鉱物的に違う天然石であれば鑑別によって判断が可能です。
ですが、照射処理に関しては鑑別では識別できません。

人為的に照射が行われたものであるのか、太陽光等の自然な照射によるものなのかの判断が鑑別ではできないのです。
同じ石英の『水晶』や『スモーキークォーツ』を照射処理していれば、鑑別結果の鉱物種は『クォーツ』ででるため、処理によって色味が真っ黒になっていれば『モーリオン』または『ケアンゴーム(カンゴーム)』と出るでしょう。

照射処理の識別が判断できないので、たとえ本物の『モリオン』であっても、処理によっての『モリオン』であっても、どちらも『通常、色の変化を目的とした人為的な照射処理が行われています』といった記載がされます。(『日本彩珠宝石研究所』での表記方法)
パワーストーンでの『モリオン』は非常にこの照射処理が行われていものが多いのです。


処理が行われている有名な天然石では『シトリン』が挙げられます。
現在市販されている『シトリン』は、ほぼ『アメジスト』に処理が行われて色変化させたものです。
天然の『シトリン』は希少なため、中々目にかかれません。

照射処理のされていない『モリオン』であればさらに良いのですが、天然石の種類によっては処理は避けることができないのが現状です。
宝石であっても色味をよりよく魅せるために処理を行われることが多くあります。

どの程度までの処理が許せるかは、購入者によりますが、現在の技術では、照射処理に関して鑑別で識別はできません。

パスクルの『モリオン』鑑別書を見る

モリオンのトップページへ

鑑別書一覧

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP