• TOP
  • 鑑別書
信頼できる本物の天然石を・・・安心のPascle 手に取ってみることができないからこそお客様の不安を少しでもなくしたい!お客様お1人お1人にご安心頂きたいのでパスクルでは鑑別をとっております。

鑑別書とは

鉱物や人工物の種類や、天然、合成、模造などといった石の起源、石のサイズや形を科学的データをもとに証明し、その結果を鑑別機関が記した証明書のことです。

パスクルが鑑別を依頼している鑑別機関では、【屈折率・偏光性・多色性・比重・硬度・蛍光性・分光特性・拡大検査・フィルターの検査】といった各石ごとに適した専門的な科学的検査を行い、石の証明を行っております。

鑑別書は、天然のものか人工のものか、どのような処理がされているかなどの証明です。

画像

鑑定書との違い
鑑定書とは、ダイヤモンド・グレーディング・レポートといい、GIA(米国宝石学会)が定めた“4C”を基準として、品質グレードをランク分けした結果を鑑定機関が記載し、発行した品質証明書のこと。
※ダイヤモンド以外のものには、発行されません。

画像

鑑別機関:日本彩珠宝石研究所

  1. 鉱物種名

    鉱物学上の名前が記載されます。
    鉱物種名は、パワーストーンとしても宝石としても流通している名前とは異なります。

  2. 宝石名

    一般社団法人宝石鑑別団体協議会(A.G.L.)が定める宝石名が記載されます。
    鉱物種名とカラー・透明度により記載名は異なります。パワーストーンとしての流通名とは基本異なりますが、同名がつく場合もあります。

  3. どのような目的のために、どのような処理が行われているのか記載されます。

  4. 摘要

    鑑別に出したものが、ルースなのかブレスレットなのかなど、状態が記載されます。
    その他に、鑑別に出したものの要点をまとめて記載されます。パワーストーンの流通名が記載されることもあります。

仕入れを行う際、連またはブレスレットの状態で入荷しております。
パスクルでは、入荷時の連(ブレスレット)の中から、無作為でピックアップした粒を鑑別機関に依頼し、鑑別に出しております。

※鑑別に出した天然石が届くわけではございません。
お客様へお届けする商品は、鑑別に出したものと各石ごとに同仕入れ先の天然石を使用しておりますので、安心してご利用くださいませ。

鑑別書を見る

鑑別書一覧

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP