アメジストの鑑別amethyst

パスクルの『アメジスト』の鑑別書

鑑別機関:日本彩珠宝石研究所

鉱物種名 宝石名
天然クォーツ アメシスト
その他 色相・透明度
記載なし 紫色 半透明石
摘要
裸石
パスクル補足
天然のアメジストであることが確認できております。アメジストはクォーツ(石英)系グループの鉱物ですので、鑑別結果は「クォーツ」となります。

色の改善などの処理は確認されませんでしたので、天然色の宝石です。

仕入れを行う際、連またはブレスレットの状態で入荷しております。
パスクルでは、入荷時の連またはブレスレットの中から、無作為でピックアップした粒を鑑別機関に依頼し、鑑別に出しております。

お客様へお届けする商品は、各石ごとに、鑑別に出したものと同仕入れ先の天然石を使用しております。

アメジストとは

アメジスト

『アメジスト』は紫水晶(むらさきすいしょう)ともよばれ、クォーツ(石英)の一種です。石英が微量に含まれた鉄イオンによって紫色に発色します。

また加熱すると色の変色が起こり、紫色から黄色へ変化します。
黄色へ変化した水晶(元アメジスト)は、宝石名:シトリンとなります。

鉱物の中でも紫色は発色が難しく、アメジストの様な発色はあまり見られず、宝石としても価値の高いものとされています。

なお、紫色は古来より高貴な色とされ、聖徳太子が定めた冠位十二階は冠の色によってその位を表しておりました。
そして、その中で一番高い位の冠は紫色でした。

石英の種類

ローズクォーツ
薄いピンク色:チタン、鉄、マンガン
アメジスト
紫:鉄イオン
※加熱処理によってシトリンへと変化
シトリン
黄:鉄イオン
※天然シトリンは産出が極めて少ないため、多くはアメジストを加熱処理したもの
スモーキークォーツ
茶色っぽい煙色:アルミニウムイオン
放射線照射処理によって色付けされることが多い
放射線の量が多いほど濃い色のスモーキークォーツへと変化
モリオン
こげ茶~黒
スモーキークォーツと区別する明確な定義はない
レモンクォーツ
黄:硫黄

クォーツ(石英)グループの色

アメジストの産地

ブラジル、スリランカ、マダガスカル、メキシコ、中央アフリカなどで主に産出され、 中でもブラジルのリオ・グランデ・ド・スール州は世界最大の紫水晶の産地といわれております。

また、中央アフリカでは上質なアメジストが産出されることが多いとされています。
日本では、宮城県白石市の雨塚山や鳥取県で産出されます。

アメジストの色

『アメジスト』は通常のパープルカラーの他に、淡い紫色のラベンダーアメジスト、薄いグリーンのグリーンアメジスト等があります。

また、アメジストにシトリンが混ざり合った水晶は、「アメトリン」、アメジストとミルキークォーツが混ざり合った水晶は、「ケープアメジスト」と呼ばれています。

  • 【アメジスト/紫色】

    【アメジスト/紫色】

  • 【ラベンダーアメジスト/淡紫色】

    【ラベンダーアメジスト/淡紫色】

  • 【グリーンアメジスト/薄いグリーン】

    【グリーンアメジスト/薄いグリーン】

  • 【アメトリン/紫色と黄色】

    【アメトリン/紫色と黄色】

  • 【ケープアメジスト/紫色と白色】

    【ケープアメジスト/紫色と白色】

アメジストの品質・価値

アメジストは、何世紀にもわたって珍重されてきたクォーツの変種です。

現在では比較的豊富に供給されており、昔に比べると手に入りやすくなっていますが、品質としては色味の深く透明度の高いものが高品質とされております。

  • 【一般的な品質】

    【一般的な品質】

  • 【高品質】

    【高品質】

アメジストの本物・偽物

『アメジスト』は産出量の多い天然石ですので、クォリティの違いはあれど、多くは天然色で生まれたアメジストが流通しています。しかし中には人工的に加工しているものもあります。

人工アメジストの場合、明記されて販売されているケースもありますが、透明感が極端に高くて美しい紫なのに、安価な場合には偽物の可能性もありますので、注意しましょう。

パスクルの『アメジスト』鑑別書を見る

アメジストのトップページへ

鑑別書一覧

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP