アマゾナイトの鑑別amazonite

パスクルの『アマゾナイト』の鑑別書

鑑別機関:日本彩珠宝石研究所

鉱物種名 宝石名
天然フェルドスパー アマゾナイト
その他 色相・透明度
記載なし 帯緑青色 不透明石
摘要
裸石
パスクル補足
アマゾナイトは長石グループの鉱物ですので、鑑別結果は「フェルドスパー」となります。 天然のアマゾナイトであることが確認できております。

色の改善などの処理は確認されませんでしたので、天然色の宝石です。

仕入れを行う際、連またはブレスレットの状態で入荷しております。
パスクルでは、入荷時の連またはブレスレットの中から、無作為でピックアップした粒を鑑別機関に依頼し、鑑別に出しております。

お客様へお届けする商品は、各石ごとに、鑑別に出したものと同仕入れ先の天然石を使用しております。

アマゾナイトとは

『アマゾナイト』は、ムーンストーンやラブラドライトと同じ「長石」グループの一種です。
ムーンストーンと言えば、美しいシラー(光の効果)が特徴ですが、アマゾナイトにもキラキラとしたシラーが見られるものがあります。

和名を天河石といい、鉱物内に含有した微量の鉛の作用で、緑色や空青色、青緑など主にブルーグリーン系の色合いが特徴です。
産出されるものは、一様に緑色のものは少なく、白色の部分が混じっていることが殆どです。そのため、鮮やかな緑色のものは希少価値が高いと言えます。

アマゾナイトの名前の由来は、アマゾン川流域の鉱山で採れる青緑色の別の鉱物と混同されたためと言われておりますが、実際は、アマゾン川流域では産出されていません。

フェルドスパー(長石)に属する代表的なパワーストーン(宝石)について掲載します。
長石は主に「カリ長石」「斜長石」の2種類のグループに分類されます。

カリ長石に属するグループ

正長石(オーソクレース)
該当する宝石:ムーンストーン
微斜長石(マイクロクリン)
該当する宝石:アマゾナイト
玻璃長石(サニディン)
該当する宝石:サニディン

斜長石に属するグループ

曹長石(アルバイト)
該当する宝石:ペリステライト(ブルームーンストーン)
灰曹長石(オリゴクレース)
該当する宝石:サンストーン
中性長石(アンデシン)
該当する宝石:アンデシン
曹灰長石(ラブラドライト)
該当する宝石:ラブラドライト

フェルドスパー(長石)グループのパワーストーン

アマゾナイトの産地

『アマゾナイト』はブラジル、エチオピア、ロシア、ペルー、ジンバブエ、オーストラリアなどから産出されます。ミャンマーなどは淡い緑色で透明度が高くて美しいとも言われております。

アマゾナイトの産地特徴

ペルー産
パワーストーンでも多くみられる産地。鮮やかなブルーグリーンで縞模様はあまり見られません。
モザンビーク産
美しいエメラルドグリーンのアマゾナイトが産出される。アマゾナイト特有の縞模様も見られます。
ロシア産
独特の白い縞模様が見られ、色合いも深いグリーンが見られます。

アマゾナイトは限られた場所でしか取れないことで有名でしたが、近年では、アメリカコロラド州のパイクスピーク近辺でアマゾナイトの結晶が採取されるなど、新しく発見されています。

アマゾナイトの色

アマゾナイトは主にブルーグリーン系の色合いで、独特の模様を持ちます。
しかし個体差があり、鮮やかなブルーグリーンやエメラルドグリーン、淡いグリーンなど様々な表情が見られます。

  • 【鮮やかなブルーグリーン/模様あり】

    【鮮やかなブルーグリーン/模様あり】

  • 【淡いブルーグリーン/模様うすめ】

    【淡いブルーグリーン/模様うすめ】

  • 【淡いグリーン】

    【淡いグリーン】

アマゾナイトの品質・価値

アマゾナイトは緑色から青緑色をしています。微量の鉛を含有しているため、中でも緑色が多く見受けられ、色が鮮やかで、インクルージョンなどの不純物が少ないものが高品質です。

  • 【一般的な品質】

    【一般的な品質】

  • 【高品質】

    【高品質】

パスクルの『アマゾナイト』鑑別書を見る

アマゾナイトのトップページへ

鑑別書一覧

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP