シトリン

シトリン (Citrine)

シトリンのトップページへ

クリアイエローが特徴のシトリンは金運パワーストーンとしても人気の石です。

トパーズと同じく11月の誕生石の一つに数えられます。

パワーストーンオーダーメイドアプリ

シトリンを使用したブレスレット

シトリンのブレスレット一覧

シトリンってどんな石?

シトリン

黄色になった水晶が「シトリン」

水晶は色々な成分が混じることで色を持つ水晶へ変化します。
アメジストローズクォーツなどが水晶の変色種であり、シトリンもその中の1つです。

本来は無色透明な水晶に、鉄イオンが含まれることで「黄色」に変化しますが、天然で生まれることは稀であり、市販されているシトリンのほとんどはアメジストに加工を施したものです。

稀に天然の黄色を持ったシトリンがありますが、非常に希少です。

1つの結晶内に紫色と黄色が同時に存在しているものは「アメトリン」と呼ばれます。稀に「シトリントパーズ」という名称で販売されていることがありますが、「シトリン」と「トパーズ」は全く別の石であるため、ほとんどは「シトリン」であることが多いです。

シトリンに伝わる意味

シトリンの意味

「繁栄」「冨」を象徴する石

シトリンは「繁栄」「冨」を象徴する石と伝えられています。

美しく輝く黄色が黄金を連想させることから、古くから金運、財運を高めると考えられ、世界の各地で商売の繁盛を願ってのお守りとして大切にされてきました。

数あるイエローカラーのパワーストーンの中でも代表的な存在です。

シトリンの歴史・言い伝え

シトリンの語源は、柑橘類の「シトエン」という果実からきています。

シトリンは、古くから親しまれてきた石ですが、残念ながら別の石と間違えられていました。
この石にとっても似ている「トパーズ」です。

同じ11月の誕生石でもある「トパーズ」と「シトリン」ですが、大変よく似ている鉱物です。鉱物に関する情報が少なかった古来では、この違いが見分けられなかったようです。現在でもこの名残からか、シトリントパーズといった名称で販売されていることがあります。

こんなプレゼントにオススメ

パワーストーンとしても、宝石としても人気のシトリンはプレゼントにピッタリです。

プレゼント

定番はやっぱり誕生日プレゼント

「11月の誕生石」なので11月生まれの方への誕生日プレゼントにピッタリ。
男性にも女性にも好まれる石なので、どんな方にも贈れます。

金運・商売繁盛のお守りに

シトリンが持つ「繁栄・冨」の言葉にならって、金運のお守りに。
お仕事での成功を願ったり、会社を経営されている方にもピッタリです。

シトリンのカラー・種類

シトリンは透明感のある黄色が特徴です。
色合いは薄いものから濃いものまで、若干オレンジがかったものまで様々です。

シトリンとの組み合わせがオススメの石

シトリン×アメジスト

シトリン×アメジスト
同じクォーツの仲間であるアメジストとの組み合わせは、どちらも透明感がありバランスが良いです。
紫と黄色の組み合わせもお互いを引き立たせていますね。

シトリン×ローズクォーツ width=426

シトリン×ローズクォーツ
ローズクォーツと組み合わせることでかわいいイメージに仕上がります。
「恋愛」のお守りとしてもオススメ。

シトリンの産地

主な産地はブラジル、チリ、ウルグアイ、アフリカなどです。ブラジルのリオ・グランデ・ド・スール州は世界最大のアメジストの産地であり、上質なシトリンもブラジル産に多く見られます。

取り扱い・お手入れについて

シトリンは太陽光で退色してしまう可能性があります。普段のお出掛けなどで身に付けられる分には問題ないですが、保管時などは太陽光が直接当たらない場所にしましょう。また水、汗に弱いわけではありませんが使用後や流水で洗う場合には、水分をしっかりと拭き取るようにしてください。

データ

11月シトリン

石の名前 シトリン(Citrine)
和 名 黄水晶(きすいしょう)
主な産地 ブラジル、チリなど
運 気 金運仕事運

関連する記事

「シトリン」とその他の石の相性を調べる

シトリンを使用したアイテム一覧をみる

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP