正梅

正梅 (Prunus Mume)

花といえば梅を指した時代もあるほど、古くから親しまれている木。
黒い幹が、紅白の花を際立たせます。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

「正梅」を使用したオリジナルのアクセサリーがオーダーメイドで最短翌日に届く。

正梅とは?

正梅

中国生まれの日本育ち

正梅(しょううめ)は、バラ科サクラ属の落葉高木です。古代に中国より持ち込まれ、日本に定着しました。今では300を超える品種があるといわれています。

さまざまに使われる実と違い、木材としての流通量は、加工の困難さなどから多くはありません。数珠玉としてはポピュラーで、本物の梅=正梅と呼ばれます。

木材のなかでは水に強いため、水行の際の数珠としても重宝されてきたようです。

正梅の歴史・言い伝え

菅原道真の後を追った「飛梅」

平安時代、菅原道真が政変で京の都を追われました。旅立つ前に庭の梅に詠んだとされるのが、「東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」という歌。自分がいなくなっても、春に咲くのを忘れてはいけないよ、という意味です。

歌を贈られるほど大切にされていた梅は、寂しさが限界を超えたある夜、空を飛んで道真のもとへ向かいました。これが、現在も太宰府天満宮で満開の花をつける梅の木だといわれています。

こんな人におすすめ

祈り

魔除けのお守りに

冬の寒さを乗り越え、いち早く春の訪れを知らせる花。生命力の象徴や魔除けのお守りとして、古くから親しまれてきました。

正梅の色・種類

薄茶から濃茶色で、使い込むほどに艶と色味が増してゆきます。

正梅の産地

アジア各地でみられます。日本では、特に和歌山県で多く栽培されています。

取り扱い・お手入れについて

天然木の性質上、急激な温度・湿度の変化によって割れることがあります。高温多湿・直射日光を避け、風通しの良い場所で保管してください。

データ

0月正梅

石の名前 正梅(Prunus Mume)
和 名 正梅(しょううめ)
主な産地 日本(特に和歌山県)を含むアジア各地
運 気 -

鑑別書一覧

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム