ピンクフローライト

ピンクフローライト (Pink Fluorite)

ピンクフローライトのトップページへ

透明感あるピンク色が美しく、可愛らしい印象のフローライト。

美しい心を育み、女性らしさや魅力を高めてくれるとされています。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

ピンクフローライトを使用したブレスレット

ピンクフローライトのブレスレット一覧

ピンクフローライトってどんな石?

ピンクフローライト

フローライトには、パープル、ブルー、グリーン、イエローなど、豊富なカラーバリエーションがあります。
フローライトの主成分であるフッ化カルシウムは無色透明ですが、内包される物質等の違いによって様々な色彩があらわれるためです。

数あるフローライトのなかでも、ピンクカラーのものは産出量が少ないため、希少価値が高いストーンです。
「ピンクフローライト」として流通している石のなかには、ほのかな色味のもの・ビビットな色味のもの、色が均一なもの・濃淡のあるもの、バイカラーなど様々な色合いのものが存在します。

ピンクフローライトに伝わる意味

ピンクフローライトの意味

美しい心を育む石

フローライトは「天才の石」と言われることがあります。
この石が持ち主の発想力を高めてくれると言われることから、この名で呼ばれています。
またフローライトは、色合いによってそれぞれ異なる効果をもっています。
ピンクフローライトは、心を穏やかにし、美しい心を育んでくれるとされる石です。
内面が磨かれることで持ち主の女性的な魅力が引き出され、恋愛成就にも効果を発揮するといわれていいます。
気持ちを整理し問題解決を助けてくれるので、恋の悩みを抱えている人にもおすすめです。

こんなプレゼントにオススメ

プレゼント

「恋愛運」のお守りに

ピンクフローライトは、持ち主の女性的らしい魅力を引き出し、恋愛の運気を高めてくれる石です。
気持ちを整理し問題解決を助けてくれるので、恋の悩みを抱えている人にもおすすめです。

「リラックス」のお守りに

ピンクフローライトは、ネガティブな感情を解消し、精神を穏やかにしてくれるとされています。
心の疲れが癒されることで、安眠にも効果があるといわれています。

ピンクフローライトのカラー・種類

ピンクフローライトには様々な色合いのものが存在します。
ピンク色が薄いもの・濃いもの、色味が均一なもの・一粒の中でも濃淡があるもの、バイカラーになっているものなど、個体差があります。

ピンクフローライトの産地

ピンクフローライトはスイス、フランス、ペルー、中国など様々な国で産出されます。

取り扱い・お手入れについて

フローライトは硬度が低い石です。衝撃にも弱いのでぶつかったり、擦れたりしないように取り扱いに注意してください。
また紫外線や水にもあまり強く有りませんので、直射日光が当たる場所での保管は避けるようにし、流水などで洗うのも良く有りませんので定期的に柔らかい布で拭き取って、綺麗に保ってあげるようにしましょう。

データ

0月ピンクフローライト

石の名前 ピンクフローライト(Pink Fluorite)
和 名 蛍石(ほたるいし)
主な産地 スイス、フランス、ペルー、中国など
運 気 願望成就癒し

「ピンクフローライト」とその他の石の相性を調べる

ピンクフローライトを使用したアイテム一覧をみる

鑑別書一覧

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP