ルビー

ルビー (Ruby)

ルビーのトップページへ

象徴的な赤色が特徴のルビー。
エメラルド、サファイアと並んで、宝石としても知らない人はいないでしょう。

カーネリアンと同じく7月の誕生石の一つに数えられます。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

ルビーを使用したブレスレット

ルビーのブレスレット一覧

ルビーの粒売り/バラ売り販売

ルビーってどんな石?

ルビー

実はサファイアとルビーは同じ鉱物なのです

鮮やかな紅色で、人々に親しまれている「ルビー」。
ダイヤモンド、エメラルドサファイア、アレキサンドライトと合わせて、「五大宝石」と呼ばれています。

ルビーは、サファイアと同じ鉱物「コランダム」のグループの一種です。
ダイヤモンドの次に硬い鉱物だと言われ、コランダムの中で赤い色をした石をルビー、青を含めたそれ以外の色はサファイアと呼びます。

コランダムの鉱物中に含まれるクロムにより、赤色へ発色します。
1.0%のクロムで濃い赤色のルビーとなり、0.1%ほどの薄い赤色の場合には、「ピンクサファイア」となります。

※実際にパワーストーンとして販売されているルビーは赤紫色をしているものがほとんどで、鑑別などでは「パープルサファイア」となることが多いです。これは前述のようにコランダムの中で完全に赤いもの以外はサファイアとなる基準によるものです。

ルビーに伝わる意味

ルビーの意味

情熱を高める石

ルビーは、サファイアと同じく硬度が高く、割れにくいことから、持ち主に「カリスマ性・勝負運」を与え、企業や家庭などの「基盤を固める」と言われています。

そしてサファイアのシックなブルーが「直観力・集中力」を高めるのに対して、ルビーのエネルギッシュなレッドは「積極性・行動力」を高めると言われます。

どちらの石もすばらしい意味が込められていますが、

「知性的で堅実」なタイプを目指すならサファイア
「熱意ある行動派」タイプを目指すならルビー

このように分けて考えると選びやすいと思います。

ルビーの歴史・言い伝え

時にはダイアモンド以上に重要視されていたルビー

宝石の女王「ルビー」

真っ赤な輝きを放つルビーは、世界各地で宝石としてもお守りとしても重用されてきました。
旧約聖書の中にもルビーの記載がありますが、当時最も価値のある「物」として、ダイヤモンドではなくルビーの名前が挙げられています。

古代ギリシャでは、戦場で敵に勝つお守りとして兵士が用いていたそうです。
そして戦だけではなく、病気、呪い、悪運など悪い気から守ってくれるとされていました。

また、ルビーは「薬効」としても扱われていたようで、「蛇の毒に効く」と信じられ、解毒剤として用いられたり、「風邪と肝臓の治療に効く」と記された医術本も残されています。

他の石にはないルビーがもつ美しさ・神秘さは、古来から人々を魅了し、人生や文化の支えにもなっていたようです。

こんなプレゼントにオススメ

プレゼント

目標祈願のお守りに

ルビーに込められた「積極性・行動力」の意味にならって、仕事や学業において、夢を追いかける為のお守りとして贈られるのがオススメです。

ご主人から奥様へ

ルビーは女性へのプレゼントにオススメの石です。
持ち主に「愛情」を与えてくれると言われていますので、「これからも仲良く2人でやっていきましょう」 というメッセージを込められます。

ルビーのカラー・種類

パワーストーンとしてのルビーはほとんどが赤紫色をしています。
母岩に含まれる成分によって、黒や紫、青みがかったりなど色合いが異なります。

ルビーとの組み合わせがオススメの石

ルビー×アメジスト

ルビー×アメジスト
ルビーの赤紫とアメジストの紫色との組み合わせは、色合いも綺麗にまとまります。
縁結び・恋愛成就のお守りとしてもオススメです。

ルビーの産地

ミャンマー、スリランカ、タイ、タンザニアなどが主な産地です。中でもミャンマーでは最高級のルビー「ピジョン・ブラッド」が産出されることで知られています。

取り扱い・お手入れについて

ルビーは強い太陽光に長時間さらされると、退色してしまう恐れがあります。普段のお出掛けなどでは問題ありませんが保管場所などは、直射日光などの当たらない場所を心がけましょう。

データ

7月ルビー

石の名前 ルビー(Ruby)
和 名 紅玉(こうぎょく)
主な産地 ミャンマー、タンザニアなど
運 気 恋愛成就願望成就

関連する記事

「ルビー」とその他の石の相性を調べる

ルビーを使用したアイテム一覧をみる

鑑別書一覧

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP