パイライト

パイライト (Pyrite)

パイライトのトップページへ

ゴールド(金)や真鍮にも見間違えられるほど、メタリックな質感を持つパイライト。

ユニークな形状で産出されるため、観賞用に原石を楽しむ方も多い天然石です。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

パイライトを使用したブレスレット

パイライトのブレスレット一覧

パイライトの粒売り/バラ売り販売

パイライトってどんな石?

パイライト

硫化鉱物の一種

パイライトの和名は、「黄鉄鉱(おうてっこう)」と言い、鉄と硫黄からできている、硫化鉱物の一種にあたります。見た目、質感ともに金属のようで、真鍮に近い色合いを持ちます。パイライトを鉄で打つと、火花が飛び散ることからギリシャ語で「火」を意味する「pyr」に由来して名づけられました。若干黄色がかっているため、ゴールド(金)と間違えられることも多く、「愚者の黄金」を意味する「fool's gold」とも呼ばれるようです。

パイライト自体は、様々な地域で産出されている鉱物ですが、産出時には1面が五角形の形状をした12面体やキューブ型など、原石がとてもユニークな形状をしていることから、原石のまま鑑賞を楽しむようなコレクターも多いと言われています。原石で販売されているようなパイライトは、人工的にカットされたかのような美しさを持っていたり、芸術的な形状をしたものが多く、いずれも高い評価を得ています。

パイライトの仲間に「マーカサイト(白鉄鉱)」という鉱物があります。パイライトとマーカサイトは、全く同じ化学組成から形成されており、同質異像の関係です。パイライトが鉱物として比較的安定しているのに対して、マーカサイトはかなり不安定な鉱物で、空気中の水分により酸化してしまうため、宝石などには適していないとされています。

パイライトに伝わる意味

パイライトの意味

行動力を高める

パイライトは、夢や目標への意思を強くし、行動力を高めてくれると言われています。
目標達成のお守りだけでなく、お仕事でのキャリアを高めるお守りにも良いとされています。

またネガティブなエネルギーを祓うといわれていることから、、魔除け・厄除けのお守りとしても効果が期待されています。

パイライトの歴史・言い伝え

パイライトは、18世紀頃には「マルカジット」という名称でダイヤモンドの代わりとして作られたジュエリーが人気を集めていました。20世紀初頭には、ロンドンを中心に爆発的な人気であったと言われています。現在でも、良質なコンディションのものは希少価値が高く、アンティークジュエリーとして人気のアイテムです。

この「マルカジット」は、マーカサイト(白鉄鉱)を素材としていると言われることがあります。これは製造当時(18世紀頃)には、パイライト(黄鉄鉱)とマーカサイト(白鉄鉱)の厳密な区別ができなかったようで、当時の製造者の人々は、パイライトをマーカサイトと認識していたようです。「マルカジット」という名称も、「Marcasite(マーカサイト)」が語源になっていると考えられます。

しかし前述の通り、マーカサイトは鉱物的に安定しない性質なため、ジュエリーとして作られた場合、酸化してしまい、変色・変質は避けられないことから、実際には当時からパイライト(黄鉄鉱)を使用していたとされています。

こんなプレゼントにオススメ

プレゼント

「目標達成」のお守りに

パイライトは意思や行動力を育んでくれるといわれます。
受験勉強や、お仕事での目標達成のお守りに良いパワーストーンだと言えます。

パイライトのカラー・種類

パイライトは金属のようなな質感を持っています。色合いは若干黄色がかっているシルバーカラーです。

パイライトの産地

スペイン、中国、ペルーなどから産出されています。

取り扱い・お手入れについて

パイライトは汗や水分に弱いとされています。アクセサリーなどで着用する場合には、汗や汚れを拭き取って保管するようにしましょう。

データ

0月パイライト

石の名前 パイライト(Pyrite)
和 名 黄鉄鉱(おうてっこう)
主な産地 スペイン、ペルーなど
運 気 仕事運魔除け・厄除け

「パイライト」とその他の石の相性を調べる

パイライトを使用したアイテム一覧をみる

鑑別書一覧

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP