アパタイト

アパタイト (Apatite)

アパタイトのトップページへ

アパタイトは、鮮やかなブルーカラーが美しい天然石です。

透明の宝石質なものから、ネイビーなディープカラーのものまで様々で
他の石にはない美しさを持っています。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

アパタイトを使用したブレスレット

アパタイトのブレスレット一覧

アパタイトの粒売り/バラ売り販売

アパタイトってどんな石?

アパタイト

アパタイトは和名を燐灰石(りんかいせき)と言います。
この燐灰石という石は、多くの場所で産出される鉱物であり、多彩な色を持ちます。

その中でも美しい色を放つものが、パワーストーンや宝石へと加工されます。

アパタイトの中で最もメジャーなものは青色を発するブルーアパタイトです。
ブルーアパタイトは透明感のあるものから、深い青色を持つものまで様々です。

またスペインで発見された黄緑色の上質なアパタイトは「アスパラガス・ストーン」や「モロキサイト」などと呼ばれ、ジュエリーとしても親しまれています。

アパタイトに伝わる意味

アパタイトの意味

自己表現力を高める

アパタイトは持ち主の自己表現力を高めてくれると伝えられています。

自己表現力を高めることで、グループや対面において自分なりの思いや考えを伝える力になります。
自分のことばかり主張しすぎる人も、敬遠されてしまいがちですが、自分自身を表現、主張ができないとどうしても人々の中で印象に残りにくい存在となってしまいます。

一定の自己表現力を持つことは、人との関係を良好に保つ為には重要です。そしてパートナーへの愛情表現が苦手な人にとっても、表現方法によって相手の方へ与える印象が大きく変わっていくことと思います。

アパタイトを眺めていると、深いブルーの中に奥深さを感じます。
自分の心の中の奥にある想いは?自分にできることは?

自分自身を見つめなおすことによって、ステップアップへと繋げてくれるかもしれません。

アパタイトの歴史・言い伝え

アパタイトの語源はギリシャ語で「騙す・ごまかす」を意味する「apate」に由来します。

様々な色を持つアパタイトですが、この石が見つかり始めた頃は、他の鉱物と似ていることもあり、アクアマリン・ペリドット・トルマリンなどと間違えられてしまうことが多かったようです。

実際にアパタイトは、上記の鉱物よりも硬度が低いために、当時の商人などから購入した人が、傷ついたり割れてしまったりすることで「騙された」と思った人が多かったのかもしれません。

こんなプレゼントにオススメ

プレゼント

恋人へのプレゼントに

アパタイトは愛情表現力を高めてくれると言われています。
恋人に「もっと自分に振り向いてほしい」と思っている人はお相手の方に贈られるのがオススメです。

アパタイトのカラー・種類

パワーストーンのアパタイトは、青色~青緑色のアパタイトです。
透明感のある宝石質なものや、深いネイビーブルーのものまで様々です。
濃いブルーのアパタイトの中には、タイガーアイと同じようなキャッツアイが見られるものもあり、それらは「アパタイトキャッツアイ」とも呼ばれます。

アパタイトの産地

主な産地はブラジル、マダガスカル、タンザニアなどです。

取り扱い・お手入れについて

アパタイトは硬度が低い石です。衝撃にも弱いのでぶつかったり、擦れたりしないように取り扱いに注意してください。また紫外線での退色の恐れもあります。普段のお出掛けなどは問題ありませんが、直射日光に当たる場所などでの保管はなるべく避けるようにしましょう。

データ

0月アパタイト

石の名前 アパタイト(Apatite)
和 名 燐灰石(りんかいせき)
主な産地 ブラジル、マダガスカル、タンザニアなど
運 気 人間関係恋人・夫婦円満

「アパタイト」とその他の石の相性を調べる

アパタイトを使用したアイテム一覧をみる

鑑別書一覧

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP