佐治川石

佐治川石 (Sajigawaishi)

佐治川石のトップページへ

緑色を帯びたダークカラーが独特の趣を感じさせる佐治川石。
「日本三大銘石」の一つで、現在は採取することができない幻のような石です。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

佐治川石を使用したブレスレット

佐治川石のブレスレット一覧

佐治川石の粒売り/バラ売り販売

佐治川石のパーツ一覧

佐治川石ってどんな石?

佐治川石

「日本三大銘石」の一つ

鳥取市の佐治町で生まれた「佐治川石(さじがわいし)」は、「日本三大銘石」の一つとして名高い石です(他の2つは「佐渡赤玉石」と「神戸本御影石」とされますが諸説あります)。

佐治川石は、もともとは3億年~1億6千万年前ごろに海底火山から噴き出た玄武岩質の溶岩や火砕岩(火山灰や砂などが固まってできた岩石)が、地殻変動などで強い圧力をうけて生まれた変成岩です。九州北部から中国地方東部にかけて分布する「三郡変成岩」の一種で、「変玄武岩」、「緑色千枚岩」などに区分されています。

青黒い石のところどころに緑色の模様がみられるのが佐治川石の特徴ですが、これは強い圧力をうけて岩石の性質が変化したときに緑泥石(クローライト)や緑簾石(エピドート)などの緑色の鉱物の結晶が作られたためです。 また、佐治川石の自然石には表面に独特の凹凸があります。これは石が川に流れ出て何十万年もの月日をかけて流水で磨かれ、硬い部分だけが残ったためです。

こうした形状や色あいが深い趣を感じさせることから、佐治川石は邸宅の庭石や水石(室内で石を鑑賞する日本の伝統的な文化)に使用される高級石として高い人気を博しています。

佐治川石に伝わる意味

佐治川石の意味

優しさと前向きさを持つ石

佐治川石の産地である鳥取県鳥取市は、有名な「因幡の白兎」の神話の舞台となった場所です。
むかし因幡国(現在の鳥取県東部)には、ヤガミヒメ(八上姫・八上比売)という美しい姫が住んでいたと伝わっています。



あるとき、出雲の国(現在の島根県東部)のオオクニヌシノミコト(大国主命=いわゆる大黒様)は、ヤガミヒメに求婚しに行くという大勢の兄たちの荷物持ちとして、因幡の国までついていくことになりました。

兄神達が気多の岬(今の白兎海岸あたり)を通りかかったとき、そこには身体の皮をむかれ泣いている兎がいました。
それを見た兄神たちは親切に助けるふりをして兎に嘘をつき、傷がさらに痛むようにしむけて去ってしまいます。
続いてそこを通りかかったのが、重い荷袋を背負って遅れてついてきたオオクニヌシノミコトでした。

オオクニヌシノミコトは兎をかわいそうに思い、痛みがなくなる正しい方法を教えました。すると兎の傷はたちまち治り、白い毛も生えてもとの姿に戻ることができたそうです。

喜んだ兎は、オオクニヌシノミコトに「ヤガミヒメは兄神たちではなく心優しいあなたを選ぶでしょう」と告げました。 その予言通り、ヤガミヒメは兄神たちの求婚を断ってオオクニヌシノミコトを選んだということです。

なお、その後嫉妬した兄神達はオオクニヌシノミコトを何度も迫害しますが、オオクニヌシノミコトは様々な試練を乗り越えたのち、国つくりを成し遂げました。
オオクニヌシノミコトは決して屈しない強い心と、傷ついた者に手を差し伸べる優しさをもった神様と言えるでしょう。



佐治川石は玄武岩(バサルト)が変質した「変玄武岩」の一種ですが、玄武岩は心身を癒して障害や変化に動じない強い精神力や前進する勇気をくれるとされています。
また、佐知川石の緑色の要素とされる緑泥石(クローライト)や緑簾石(エピドート)には、心の痛みを取り除き、明るい未来を創造する力があるといわれています。

佐治川石はまさに、因幡の白兎を助け、困難を乗り越えて国をつくったオオクニヌシノミコトのような優しく前向きなエネルギーをもった石といえるでしょう。
オオクニヌシノミコトが傷を負った兎を救ったように、佐治川石は持ち主の心の傷を優しく癒し、心配や悩みを解決に導いてくれるかもしれません。

佐治川石の歴史・言い伝え

大正から昭和にかけて大流行

佐治川石は、産地では古くから庭石や沓脱石(くつぬぎいし)などに使用され珍重されていました。
大正中期ごろ、佐治川石の価値を見出した地元の方が採集・宣伝し、そのころから佐知川石は比類なき銘石として広く世の中に知られるようになったといわれています。
また昭和30年代ごろには、日本では全国的な「石ブーム」が起こりました。その影響もあって当時は佐治川周辺には県内外から採石に訪れる人が後を絶たなかったといいます。

しかし佐治川石の人気に拍車がかかると、産地では乱採が問題となり、しだいに良質な石の採集が困難になってしまいました。
昭和30年に「佐治石保存会(のちに佐治川保全協会に改称)」が設立され佐治川石の保存に努めましたが、それでも石の無断採取はやまず、昭和40年にはついに鳥取県の条例によって佐知川本流での佐知川石の採取が全面禁止されることになりました。

こうした経緯から、佐治川石は現在では新たに採取することができない非常に貴重な石となっています。

こんなプレゼントにオススメ

プレゼント

困難を乗り越えて目標を達成するお守りに

佐治川石は、困難に直面して傷ついたりくじけそうになった心を癒し、前向きに進んでいくためのお守りとなってくれるでしょう。
長期的な目標を達成したい人、あきらめかけたことにチャレンジしたい人におすすめです。

佐治川石のカラー・種類

佐治川石は玄武岩質の溶岩などが固まった岩石が地殻変動などの圧力をうけてできた岩石とされ、変成作用で生まれた緑色の鉱物を含んでいます。
佐知川石の地色は青みがかった灰色~黒色のものが一般的ですが、茶褐色や白色の筋が混じったものもあります。また、石によってはところどころに緑色の班がみられます。

なお、水石の世界では、佐治川石の自然石には色合いや形状の微妙な違いによる「佐治川十石」とよばれる区分があるとされています。 (真黒石・灰地石・雲懸石・糸掛石・碧譚石・虎石・紋石・霰石・巣立ち石・天平石)

佐治川石の産地

鳥取県鳥取市佐治町

取り扱い・お手入れについて

佐治川石には硬度が高めの石ですが、硬い部分と柔らかい部分をもち、劈開性もあるので、あまり強い衝撃は与えないようにして下さい。
汚れが目立ってきた際には水洗いなども良いですが、しっかりと水分を拭き取って自然乾燥してあげましょう。

データ

0月佐治川石

石の名前 佐治川石(Sajigawaishi)
和 名
主な産地 鳥取県佐治川町
運 気 癒し願望成就

「佐治川石」とその他の石の相性を調べる

佐治川石を使用したアイテム一覧をみる

鑑別書一覧

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム