クンツァイト

クンツァイト (Kunzite)

クンツァイトのトップページへ

クンツァイトの色合いは、「ライラックピンク」と表現されます。
ピンクでもパープルでもない、クンツァイトだけが持つ美しい色合いです。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

クンツァイトを使用したブレスレット

クンツァイトのブレスレット一覧

クンツァイトの粒売り/バラ売り販売

クンツァイトってどんな石?

クンツァイト

クンツァイトは「スポデューメン」という鉱物の一種であり、緑色~黄緑色ならヒデナイト、黄色はトリフェーン、そして桃色~紫色をクンツァイトと呼びます。
この「スポデューメン」の和名を「リチア輝石(りちあきせき)」と言います。

発見者であるアメリカの宝石学者「クンツ」博士にちなんで命名され、
発見されたのは1902年と比較的新しい宝石です。

このクンツァイトの美しさは、「ライラックピンク」とも表現される、この易しいピンク色です。
ピンク色の宝石は数多いですが、クンツァイトはその中でも独自の美しさが評価されています。

宝石として見られるクンツァイトは透明感が高く、ほんのりとしたピンク色が見られます。
近年、パワーストーンとして流通しているクンツァイトでは、透明感は少なく、ミルキータイプで発色の良いものが出てきています。

クンツァイトに伝わる意味

クンツァイトの意味

包容力のある愛をはぐくむ

クンツァイトは「無償の愛」「無限の愛」の意味を持つといわれています。
他人を批判的に見てしまう気持ちを抑制することで、純粋さを育み雄大な気持ちになれるように導いてくれるとされています。

下記のような方にはオススメのパワーストーンです。

・他人を批判的に見たり、悪い部分に目が行ってしまう気持ちを抑えたい方
・部下や子供など、教育する立場なのに、ついつい感情的になってしまう方。
・そのほか、優しさ・愛を持って、雄大な気持ちを身に着けたい方

クンツァイトの歴史・言い伝え

クンツァイトの語源は、アメリカの宝石学者「クンツ博士」にちなんで命名されました。

前述のとおりクンツァイトはスポデューメン(リチア輝石)という鉱物の一種です。

この「スポデューメン」とは、ギリシャ語で「焼いて灰になる」という意味から来ています。
これはこの鉱物が発見された時に由来しています。

この鉱物は和名を「リチア輝石」といい、発見された当時からリチウム金属などの原料とされていました。
リチウム電池などの資源としてもこのリチア輝石が用いられています。

古くでは資源として用いられていましたが、スポデューメンの中でも美しい色合いを持つ「トリフェーン」や「ヒデナイト」、
そして「クンツァイト」が発見されてから、宝石としても広く知られるようになっていきました。

こんなプレゼントにオススメ

プレゼント

育児中のお母さん、お父さんへ

クンツァイトは「見返りを求めない無償の愛」の意味を持つといわれています。
育児奮闘中のお母さんやお父さん、他にも教育現場の方へのプレゼントにもオススメです。

クンツァイトのカラー・種類

クンツァイトは、「ライラックピンク」と表現される易しいピンク色が特徴です。
パワーストーンとしては、宝石質でクリアタイプのもの、そしてミルキータイプの2種類が見られ、クリアタイプの方が希少で高価になります。

クンツァイトの産地

クンツァイトの産地はブラジル、パキスタンやナイジェリア等です。

取り扱い・お手入れについて

クンツァイトの硬度は6.5~7と決して低いわけではありませんが、「へき開性」という割れやすい性質を持っていますので、衝撃が加わらないように注意が必要です。

また、強い紫外線や光にさらされると、変色・褪色してしまう可能性があります。保管場所は光の直接当たらない場所にしましょう。

データ

0月クンツァイト

石の名前 クンツァイト(Kunzite)
和 名 リチア輝石(リチアきせき)
主な産地 ブラジル、パキスタンなど
運 気 恋愛成就人間関係

「クンツァイト」とその他の石の相性を調べる

クンツァイトを使用したアイテム一覧をみる

鑑別書一覧

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP