オニキス

オニキス (Onyx)

オニキス各種のトップページへ

漆黒のパワーストーンといえば、最もポピュラーなのはこのオニキス。

魔除け、厄除けのお守りとして。アクセサリーのデザインとして。幅広く用いられるパワーストーンです。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

オニキス各種を使用したブレスレット

オニキス各種のブレスレット一覧

オニキスってどんな石?

オニキス各種

メノウの仲間

オニキスは和名を黒瑪瑙(くろめのう)と言います。瑪瑙とは英名をアゲートと言い、オニキスも名前の通り黒いアゲートなのですが、現在オニキスと呼ばれているものは正式にはアゲートとは言えない石になっています。

これにはまず「アゲート(瑪瑙)と「カルセドニー(玉髄)」の違いが関係しています。
「アゲート」と「カルセドニー」は、水晶と同じ石英グループの一種です。これらの石は成分がとても似ており、同様の色合いなどを持つことから区別が難しい場合もあります。一般的には下記のように分けることができます。

模様がなく均一のカラーを持つものが「カルセドニー(玉髄)」。
縞模様をはじめとする様々な模様が出ているものが「アゲート(瑪瑙)」。

このようにそれぞれの鉱物がわかれていることから、真っ黒であるオニキスはアゲートではなく黒いカルセドニーだと言えます。

他の石を例にあげると、このようになっています。
カーネリアン(紅玉髄)」は模様がなく赤が均一に出ているのでカルセドニー(玉髄)の一種。
サードオニキス(紅縞瑪瑙)」は同じく赤いもので縞模様が出ているのでアゲート(瑪瑙)。

このようにカーネリアンとサードオニキスは、和名と鉱物グループが一致しています。
カーネリアンとサードオニキスは見た目が違いますが、鉱物としてはかなり似た種なのです。

ではオニキスはなぜ異なってしまっているのでしょうか?
実はオニキスも本来は縞模様が入っていたのです。

オニキスがアゲートではなくなってしまっている理由は、オニキスの歴史・言い伝えにて後述します。

オニキスに伝わる意味

オニキス各種の意味

厄除け・魔除けのお守り

オニキスは黒いパワーストーンの代表とも言える存在であり、魔除け・厄除けのパワーストーンとして親しまれています。

古くから悪を退けるといい、悪霊から身を守るお守りとして用いられていたようです。
現代でも持ち主の邪念や悪運などの、ネガティブなエネルギーを祓うことでお守りとして期待されています。

オニキスの歴史・言い伝え

いつの間にか別の鉱物となってしまった

前述の通り、アゲートとカルセドニーは別の鉱物です。

本来オニキスと呼ばれていた石は、真っ黒のものに白い縞模様が入っていました。
縞模様が入っているので、和名の通りまさに黒いアゲート(黒瑪瑙)だったわけです。

オニキスの語源もその見た目に由来しており、ギリシャ語で爪を意味する「onux(オニュクス)」から来ています。これは本来のオニキスが持つ白い縞模様が爪あとのように見えることから、この名前が付けられたと伝えられます。

赤色~橙色に縞模様を持つ、8月の誕生石である「サードオニキス」もこの石に由来しています。「サード」色をした「オニキス」なのでこの2語を足して、サードオニキス(サードオニキス)となりました。なぜオニキスは黒いアゲートだったにもかかわらず、いつの間にか黒いカルセドニーになってしまったのでしょうか。

ラピスラズリルビーなど、鮮やかな色合いや、独特の模様を持つパワーストーンは、歴史上の人物や文明と共に数々の言い伝えとして残されています。しかしこれらの石が伝えられているとはいえ、古来では別の鉱物を間違って認識していたことや違った名前で呼ばれていたことは少なくありません。

たとえば、ターコイズは紀元前から装飾品などに用いられていましたが、この名前が付けられたのは14世紀とその歴史から考えると比較的新しいともいえます。

鉱物学の発展していない古来では、やはり色や模様などの見た目から価値が付き、そして装飾品や芸術品として加工されます。

それらが文明跡などから発掘されることで、その石が持つ歴史が紐解いていくと考えると、黒い鉱物などは、古くから用いられていても中々その歴史が伝わりにくいと言えます。

しかし黒色は多くの人が望むカラーであり、真っ黒の石はニーズとして人々の中に存在していたのでしょう。今でこそブラックスピネルやブラックトルマリンなど、黒いパワーストーンは多く存在しますが、これらは古来では区別をするのが難しかったと考えられます。

そこで産出量の多かった黒いアゲートに人々のニーズが向けられ、次第にアゲートの黒い部分だけに注目されてしまうようになったのではないでしょうか。

※現在の黒いカルセドニーとも言えるオニキスはほぼ染色によって作られており、黒いカルセドニーのような鉱物はほとんど採掘されません。

こんなプレゼントにオススメ

プレゼント

魔除け・厄除けのお守りに

オニキスは持ち主の悪運を祓うと言われるためお守りにピッタリです。
真っ黒な石なのでクールなデザインにも仕上げやすいです。

オニキスのカラー・種類

オニキスは真っ黒のパワーストーンです。
対照的に、オニキスと同じ鉱物で真っ白なものをホワイトオニキスと呼んで親しまれています。

  • ブラックオニキス

    ブラックオニキス通常のオニキス。真っ黒のパワーストーンで、アクセサリーにも多く用いられています。

  • ホワイトオニキス

    ホワイトオニキス通常のオニキスとは対照的に真っ白のオニキス。透明感のない真っ白の石は意外とないので、アクセントにも使いやすい石です。

オニキスとの組み合わせがオススメの石

オニキス×ヘマタイト

オニキス×ヘマタイト
真っ黒ながら鏡面を持つヘマタイトとはデザイン的にも相性が良いです。
メンズブレスなどの鉄板ともいえる組み合わせで、魔除け・厄除けのお守りにもピッタリ。

オニキス×四神獣 width=426

オニキス×四神獣
オニキスに四神の彫刻を彫った石。金運や仕事運としてのお守りにもオススメです。
大きめの玉を使えば男性向けのアクセサリーもデザインしやすいです。

オニキスの産地

オニキスは世界中で産出されていますが、最も有名な産地はブラジルです。

取り扱い・お手入れについて

オニキスは退色の恐れがあります。紫外線や水・汗にあまり強く有りませんので、直射日光が当たる場所での保管は避けてください。流水などで洗うのも良く有りませんので定期的に柔らかい布で拭き取って、綺麗に保ってあげるようにしましょう。

データ

0月オニキス各種

石の名前 オニキス(Onyx)
和 名 黒瑪瑙(くろめのう)
主な産地 ブラジルなど
運 気 魔除け・厄除け

オニキス各種を使用したアイテム一覧をみる

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP