サンストーン

サンストーン (Sunstone)

サンストーンのトップページへ

その名の通り、太陽のような美しさをもつサンストーン。

鮮やかなオレンジ色のなかにみられるキラキラとした輝きが魅力です。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

サンストーンを使用したアクセサリー

サンストーンのアクセサリー一覧

サンストーンの粒売り/バラ売り販売

サンストーンのパーツ一覧

サンストーンってどんな石?

サンストーン

ムーンストーンの対となる石

サンストーンはムーンストーンと同じ長石グループに属している鉱物です。
和名を「日長石(にっちょうせき)」といい、月のように見えるムーンストーン(月長石)とは対照的にオレンジ色にキラキラした特徴を持つことから、太陽に見立ててこの名前が付けられました。

またサンストーンには「ヘリオライト」という別名もあり、古代ギリシャ語で太陽を意味する「ヘリオ」と、石を意味する「リトス」から由来しています。上質で美しいものは透明感があり、石の中にキラキラした虹色の輝きがしっかりと見られます。

この輝きは鉱物の中に含まれる細かな内包物に光が反射しているからであり、アベンチュレッセンス効果と言います。この効果からアベンチュリン・フェルドスパーとも呼ばれます。

サンストーンは産地によって様々な特徴を持っているため、通常は赤みがかったオレンジ色ですが、 それ以外にもグリーンやピンクなどの色も存在します。独特の輝きを持ちながら、こういった変種も多岐にわたることから宝石・ジュエリーとしても人気を博しています。

サンストーンに伝わる意味

サンストーンの意味

自信をもたらす石

サンストーンは文字通り、太陽の石です。
パワーストーンとしての意味も太陽の輝きに由来して、持ち主に明るいエネルギーをもたらすといわれています。

明るいエネルギーとは、熱意ややる気などの前向きなものも含まれていますが、ほかのポジティブなパワーストーンと違った点は、自信です。サンストーンは持ち主が自分自身に対する自信を得られる力になってくれるといわれているのです。

自信を得るためには不安と向き合う必要があります。不安なことに対して、それらを理解し、挑戦して学び、そしてそこから得たものを自分の知識、経験として取り入れるのです。

このように不安の根本となる物事に対する知識を得たり、アクションをすることが自信に変わっていきます。また思い込みも大切だとされています。自分がその過程で何を得たのか?自分の価値は?これらをポジティブにとらえながら解釈していくことで、それらの積み重ねが大きな自信を築き上げていきます。

このように自信を得るには、ポジティブな考えや行動が必要になってきます。サンストーンがもたらす太陽のような明るい輝きを感じ、物事に前向きに行動していくことで、本当の意味で自立するきっかけとなってくれるかもしれません。

サンストーンの歴史・言い伝え

バイキングの伝説の石は、サンストーンといわれています。

今から約1000年前、西ヨーロッパを中心に略奪、交易で名を馳せた、バイキングと呼ばれた人々。多くの人がご存じなのではないでしょうか。

バイキング=海賊のイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実は彼らの収益の大半が交易によるもので、航海の目的は交易の為だったようです。優れた商売センスと航海術を持っていた彼らが、ある石を航海に用いていたといわれています。

その石をバイキング達がサンストーンと呼んでいたと伝わっているのです。
バイキングはこの石を使って太陽の方角を確認し、羅針盤の変わりに使用することで優れた航海術を発揮していたというのです。

しかしこのサンストーンは現代で流通しているサンストーン(日長石)ではなく、実際にはカルサイト(方解石)、別名アイスランド・スパー。またはアイオライトだったといわれています。

これらの石が実際に羅針盤代わりに使用できることは、近年の研究結果で判明しています。実際にカルサイト、アイオライト、トルマリンなどは複屈折性がある結晶であり、いずれも太陽の位置を読み取ることに利用できます。

バイキングがどの石でどの程度正確に偏光方向を読み取っていたのか。
現在も研究中のようです。

こんなプレゼントにおすすめ

プレゼント

お仕事のお守りに

サンストーンは、持ち主の自信を得る力になってくれるといわれています。
お仕事やスポーツで「成功できるように」と願ってお守りとしても良いですね。

サンストーンのカラー・種類

サンストーンという名称は、長石系の鉱物のなかでも、内部にヘマタイトや銅やレピドクロサイトなどを含み、アベンチュレッセンス(内包物がキラキラと光を反射して輝く現象)がみられるものの総称です。 ベースとなる鉱物の種類や内包物の内容やバランスによって色味が異なります。 主に赤みがかったオレンジ色のものが流通していますが、ほかにもグリーンやピンクなどのカラーがあります。

サンストーンの産地

サンストーンの産地はインド、マダガスカル、チベット、アメリカ、タンザニア、コンゴなどです。

最も多いのはインド産のもので、半透明や不透明のオリゴクレース(灰曹長石)のベースにヘマタイトなどの内包物が含まれ、キラキラとラメを散らしたように輝くことが特徴です。
アメリカのオレゴン州で産出される、ラブラドライトに銅などの内包物が含まれたものは“オレゴンサンストーン”とよばれており、透明度が高く、深紅、グリーン、イエロー、ピンクなど豊富な色彩をもつことで知られています。
タンザニアではオーソクレース(正長石)をベースとした透明度が高く色・輝きが美しいサンストーンが産出されます。 またコンゴではアンデシン(中性長石)系の透明度が高く赤みが強いサンストーンが発見されています。

インド以外の産地のサンストーンは産出量が少なく、品質の良いものは宝石として高く評価されます。

取り扱い・お手入れについて

サンストーンは汗によって退色してしまう恐れがあります。着用した後は柔らかい布で拭き取って、綺麗に保ってあげるようにしましょう。

データ

0月サンストーン

石の名前 サンストーン(Sunstone)
和 名 日長石(にっちょうせき)
主な産地 アメリカ、タンザニアなど
運 気 仕事運願望成就

「サンストーン」とその他の石の相性を調べる

サンストーンを使用したアイテム一覧をみる

鑑別書一覧

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム