ムーンストーン

ムーンストーン (Moonstone)

ムーンストーン各種のトップページへ

ムーンストーンは月のような美しい輝きを持つパワーストーン。

パールと同じく6月の誕生石の一つに数えられます。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

ムーンストーン各種を使用したブレスレット

ムーンストーン各種のブレスレット一覧

ムーンストーン各種の粒売り/バラ売り販売

ムーンストーンってどんな石?

ムーンストーン各種

美しい「シラー」がポイント

ムーンストーンと言えば、特徴的なこの輝きですね。
これは「シラー」と呼ばれる光学効果で、青色や白色の輝きを放ちます。
特に青色のシラーが見られる「ブルームーンストーン」は根強い人気があります。

現在、市場で流通している「ブルームーンストーン」は同じ長石である「ペリステライト」の一種だと言われています。他にも「ブラックムーンストーン」「レインボームーンストーン」などはこちらも同じ長石の仲間の「ラブラドライト」の変種にあたります。

ムーンストーンに伝わる意味

ムーンストーン各種の意味

月は女性の象徴

ムーンストーンはその名の通り、古くから「月の力が宿る石」と信じられていました。

「恋人たちの石」や「愛を伝える石」として知られており、縁のある男性と女性を引き寄せてくれると言われています。またこの優しい光は相手を「思いやる心」を育んでくれると信じられ、パートナーを思いやることで、円満な関係が続くように願うお守りとしても人気です。

ムーンストーンの歴史・言い伝え

世界各国で、月にまつわる石だと考えられていました。

月と関わりが深いと考えられていた

ムーンストーンの元祖となった石は、紀元前1世紀頃から人々に知られ始めたそうです。

古代ローマ時代の著書、プリニウスの「博物誌」やアルベルトゥスの「鉱物書」の中にもムーンストーンに関する記述が見られます。

それらの中では「この石は、月の光によってその大きさが変わる」と記されていました。

古代インドでは「月の光が固まってできたもの」と信じられ「聖なる石」として聖職者は必ず身に着けていたそうです。

他にもムーンストーンに関わる様々な伝承がありますが、いずれも「月に関わりの深いもの」と信じられていたようです。

こんなプレゼントにオススメ

「月」を連想するロマンチックなブラックムーンストーンはプレゼントにも最適。

プレゼント

円満のお守りに

ムーンストーンには、「パートナーと円満な関係になれるように」という意味が込められていますのでご両親や新婚さんへのプレゼントにされるのがオススメです。

誕生日プレゼント

「6月の誕生石」なので6月生まれの方への誕生日プレゼントにピッタリ。
特にブルームーンストーンは男性にも女性にも好まれる魅力的なストーンです。

ムーンストーンのカラー・種類

美しい「シラー」が見られる石は色々なカラーのムーンストーンとして販売されています。
ホワイトやグレー、ブラックのムーンストーンなどは、流通名として区分けされていますので、明確にここからグレー、ブラックなどという線引きはありません。

  • ホワイトムーンストーン

    ムーンストーン(ホワイト)一番スタンダードなムーンストーン。白~シルバーのような石で中に白いシラーが見られます。

  • ブルームーンストーン

    ブルームーンストーンムーンストーンの中で最も人気のカラー。白い石の中の所々に、青白いシラーが見られます。とても上質なものは透明で青光りが強くなります。

  • オレンジムーンストーン

    オレンジムーンストーン柔らかいオレンジ~ブラウンカラーの石で、中に淡く白いシラーが見えるムーンストーン。

  • グレームーンストーン

    グレームーンストーンパワーストーンはカラフルな石が多い中で、意外に珍しいのがこのグレーカラー。他の石と組み合わせると落ち着いたデザインにできます。

  • ブラックムーンストーン

    ブラックムーンストーングレーよりもさらに暗いムーンストーン。シラーの美しさがありつつ、男性的なクールな印象のある石です。

ムーンストーンとの組み合わせがオススメの石

ムーンストーン×アクアマリン

ムーンストーン×アクアマリン
ムーンストーンのシラーがとても優しい雰囲気を持っていますので、アクアマリンやローズクォーツなど淡いカラーのストーンと組み合わせるのがオススメです。

ムーンストーン×ペリドット width=426

ムーンストーン×ペリドット
鮮やかなグリーンカラーのペリドットとの組み合わせは、お互いの色合いを引き立ててくれます。
またどちらも「円満」を意味する石ですので、お守りやプレゼントにもピッタリです。

ムーンストーンの産地

主な産地はスリランカで、鉱山も多く長年に渡ってムーンストーンが産出されています。他にもインド、マダガスカル、ザンビア、タンザニアなどで産出されます。

取り扱い・お手入れについて

ムーンストーンは比較的扱いやすい石です。紫外線での変色なども心配ありません。汚れが目立ってきた際には水洗いなども良いですが、しっかりと水分を拭き取って自然乾燥してあげましょう。

データ

6月ムーンストーン各種

石の名前 ムーンストーン(Moonstone)
和 名 月長石(げっちょうせき)
主な産地 スリランカ、インド、タンザニアなど
運 気 縁結び恋人・夫婦円満

ムーンストーン各種を使用したアイテム一覧をみる

鑑別書一覧

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP