トパーズ

トパーズ (Topaz)

トパーズ各種のトップページへ

美しい輝きをもつ太陽の石、トパーズ。
縁を引き寄せ、必要とするものにめぐり合わせてくれるといわれています。
古来より世界中で愛されている11月の誕生石です。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

トパーズ各種を使用したアクセサリー

トパーズ各種のアクセサリー一覧

トパーズ各種の粒売り/バラ売り販売

トパーズ各種のパーツ一覧

トパーズってどんな石?

トパーズ各種

さまざまな色彩をもつ宝石

トパーズは和名を黄玉といいますがイエローのほか、無色透明、ブルー、グリーン、レッド、ピンク、オレンジなどカラーバリエーションが豊富です。
アルミニウム、ケイ素などでできたケイ酸塩鉱物で、含まれているフッ素(F)と水酸基(OH)のバランスによって2種類に大別されます。

トパーズのほとんどは、フッ素を多く含むFタイプです。
無色、ブルー、イエローのものがありますが、長時間光にさらされると退色する性質があります。
市場で流通しているブルーやグリーンのトパーズのほとんどは、無色のトパーズに放射線処理を施したものです。

もう一方は、水酸基を多く含むOHタイプです。
こちらは退色しにくく、屈折率が高いという特徴をもっています。
カラーはレッド、ピンク、オレンジ、イエローといった暖色系です。
赤みを帯びたオレンジからイエローのトパーズはブラジルのミナス・ジェライス州で発見され、その類を見ない美しさからインペリアルトパーズと名付けられました。
2004年に定められたJJA(社団法人日本ジュエリー協会)やAGL(宝石鑑別団体協議会)の規定により、現在では産地や色を問わずOHタイプのトパーズ全般をインペリアルトパーズと呼んでいます。

トパーズに伝わる意味

トパーズの意味

誠実さを育む石

トパーズはその透き通った美しさから、誠実さやピュアな心を育むといわれています。
誠実な心で人と向き合うことで、家庭や職場でも信頼を得やすくなり、さまざまな人間関係が円滑になるでしょう。

また、トパーズはチャンスをもたらす石とも伝わっています。
チャンスとは、恋愛や仕事、出会いなど、持ち主にとってその時に必要なものです。

トパーズの歴史・言い伝え

名称の由来は?

トパーズの語源は諸説あります。

一つは、古代インドのサンスクリット語で火や熱を意味するtapas(トパス)から名付けられたという説です。
かつてトパーズといえばイエロー系のものが一般的で、インドでは火の石として珍重されたといいます。

特に有力とされているのが、トパーズを産出していた島の名を由来とする説です。
紅海に浮かぶザバルガート島は、濃い霧に包まれ発見が困難でした。
そのため、探し求めることを意味するギリシャ語のtopazos(トパゾス)から、古くはトパズィオス島と呼ばれました。

この島でのトパーズ採掘は紀元前1500年頃にまでさかのぼるといいます。
紀元前300年頃のエジプト王プトレマイオス2世は、王妃をかたどったトパーズ製の巨像を神殿に奉納したそうです。

当時トパーズとペリドットの名称に混同があったため 、記録にあるトパーズはペリドットともいわれています。
しかし、トパーズが古代よりエジプトとその周辺地域で太陽神や富を象徴する聖なる石として崇められていたことは間違いありません。

こんなプレゼントにおすすめ

プレゼント

人間関係のお守りに

誠実さを象徴するトパーズは、周囲の人から信頼や評価を得て、良好な関係を築けるようにサポートしてくれるといわれています。
特に、接客や営業関連の仕事をされている方におすすめです。

良縁を望む人に

持ち主に必要な縁を引き寄せるというトパーズ。
素敵な出会いを願う、縁結びのお守りにもぴったりです。

トパーズのカラー・種類

トパーズ本来の色は無色透明です。しかし、結晶の歪みや含まれる成分の違いによってイエロー、ブルー、グリーン、レッド、ピンク、オレンジなどさまざまな色彩が生まれます。

  • ブルートパーズ

    ブルートパーズ涼しげなクリアブルーが魅力。色彩豊富なトパーズのなかでも、特に人気が高いカラーです。天然のものは非常に少なく退色しやすいため、放射線処理を施したものが一般的です。

  • ロンドンブルートパーズ

    ロンドンブルートパーズ暗く深みのあるブルーが大人っぽい印象。雨の日が多いロンドンの空からこぼれ落ちたしずくのような宝石です。青色系トパーズの最高峰といわれています。

  • インペリアルトパーズ

    インペリアルトパーズ温かみのあるカラーが特徴。水酸基を多く含むOHタイプのトパーズの総称です。その美しさと希少性から、宝石として高く評価されます。

トパーズの産地

世界各地で採れるトパーズ。
主な産地はブラジルで、そのほかにもロシア、タイ、スリランカ、アフリカなどで産出されます。

取り扱い・お手入れについて

トパーズは比較的硬度が高い石ですが、特定方向に割れやすいため強い衝撃は与えないようにしてください。
退色しやすい性質もあり、直射日光が当たらない場所に保管してください。

データ

11月トパーズ各種

石の名前 トパーズ(Topaz)
和 名 黄玉(おうぎょく)
主な産地 ブラジル、スリランカなど
運 気 -

トパーズ各種を使用したアイテム一覧をみる

鑑別書一覧

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム