オブシディアン

オブシディアン (Obsidian)

オブシディアン各種のトップページへ

オブシディアンはダークなカラーリングが神秘的で引き込まれるような魅力を持ちます。

色合い、模様など様々なバリエーションを持ち、それぞれがユニークな名称で親しまれています。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

オブシディアン各種を使用したブレスレット

オブシディアン各種のブレスレット一覧

オブシディアン各種の粒売り/バラ売り販売

オブシディアンってどんな石?

オブシディアン各種

天然ガラスの性質を持つ

オブシディアンは和名を黒曜石といい、火山岩の一種です。溶岩が急速に冷却されることでオブシディアンが生成されると言われており、固い鉱物と言うよりはガラスに近い性質です。

色合いはブラック、グレー、ブラウンなどダークなカラーで、透明感が見られるものもあります。オブシディアンの中で最も定番なものは、黒色の地石に金色の輝きが見られるゴールデンオブシディアンでしょう。

またオブシディアンのグループには、ユニークな模様を持つものがあります。黒色の地石にホワイトやグレーの丸斑点模様を持つものは「スノーフレークオブシディアン」、クモの巣のような模様が見られるものは「スパイダーウェブオブシディアン」など個性ある名称で親しまれています。

オブシディアンに伝わる意味

オブシディアン各種の意味

未来を見通す石

オブシディアンは古くから人々の生活の中で用いられてきた歴史があります。
この石に特殊なパワーが伝えられていたことは、古代ギリシャの宝石賛美書であるオルフェウスの「リティカ」に記されています。

「松脂にこの石と他の二つのものを混ぜて樋上に撒くと、未来を予言する力をもたらす」

古くからオブシディアンは神秘的な石として知られ、未来を見通す力があると信じられていました。

現在でもパワーストーンとしてオブシディアンには、物事の本質や未来を見通す力があると伝えられ、主にビジネスなどでのお守りとしての力が期待されています。また、強い守護の力があるともされており、魔除け・厄除けのお守りとしても親しまれています。

オブシディアンの歴史・言い伝え

古くから歴史に登場した鉱物

オブシディアンは古くから人々の歴史に登場していた石であり、前述のオルフェウスの「リティカ」以外にも、プリニウスの有名な著書「博物誌」にもオブシディアンに関する記述が残されています。

博物誌によると、当時は「オブシアナ」と呼ばれていたようで、エチオピアの「オブシウス」という人物が発見したことからこの名称が与えられたようです。この記述から、オブシディアンの発見者であり語源にもなっていると言われる「オブシウス」氏は、博物誌が完成した西暦77年以前に実在していた人物のようです。

当時からオブシディアンの色は黒色や半透明のものだったようで、この石でよく宝石が作られていたとも記されています。

オブシディアンは有史以降も上記のように歴史に名を残してきた石ですが、有史以前からも道具として使用されていたと伝えられます。

天然ガラスであるオブシディアンは、石を割ったときに鋭い形状になります。そのため武器へ加工されることが多かったようで、刀や矢尻が多数見つかっています。

こんなプレゼントにオススメ

プレゼント

「仕事の成功」を願って

オブシディアンは物事の本質を見抜く力になってくれると言われています。
「お仕事がうまくいくように」と願って送られるのもオススメです。

オブシディアンのカラー・種類

オブシディアンは、ブラック、ブラウン、グレーなどのダークカラーのストーンがほとんどです。
模様はそれぞれユニークなものがあり、個性ある名称で親しまれています。

  • ゴールデンオブシディアン

    ゴールデンオブシディアン黒色の地石に、ゴールドカラーのシラー(輝き)が見られます。

  • マホガニーオブシディアン

    マホガニーオブシディアン赤みがかった茶色の色合いが混ざったオブシディアン。高級家具などに用いられる木材である「マホガニー」に由来します。

  • スノーフレークオブシディアン

    スノーフレークオブシディアン黒色の地石に、白色の斑点模様が雪の結晶のように見えます。個性ある見た目が人気を集めています。

  • スパイダーウェブオブシディアン

    スパイダーウェブオブシディアン名前の通り、クモの巣のような模様が見られます。ブルーグレーカラーのクモの巣が、闇夜の中で光っているようにも見えます。

  • ミッドナイトレースオブシディアン

    ミッドナイトレースオブシディアンスモーキークォーツのような透明感のあるブラウンストーンの中に、レース模様が見られます。闇夜のような幻想的な雰囲気です。

オブシディアンの産地

主な産地はブラジル、メキシコ、アイスランドなどです。

取り扱い・お手入れについて

オブシディアンは紫外線や水に強い石です。汚れが目立ってきた際には水洗いなども良いですが、しっかりと水分を拭き取って自然乾燥で乾かしましょう。ただし硬度があまり高くはないので、ぶつかったり擦れたりなどの衝撃を与えないように注意が必要です。

データ

0月オブシディアン各種

石の名前 オブシディアン(Obsidian)
和 名 黒曜石(こくようせき)
主な産地 ブラジル、メキシコなど
運 気 仕事運魔除け・厄除け

オブシディアン各種を使用したアイテム一覧をみる

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP