ロードライトガーネット

ロードライトガーネット (Rhodolite Garnet)

ロードライトガーネットのトップページへ

2種類のガーネットの成分が混ざりあうことでで生まれた赤紫色のガーネット。

華やかさと気品をたたえた美しさから、数あるガーネットの中でも非常に高い人気を誇っています。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

ロードライトガーネットを使用したブレスレット

ロードライトガーネットのブレスレット一覧

ロードライトガーネットの粒売り/バラ売り販売

ロードライトガーネットのパーツ一覧

ロードライトガーネットってどんな石?

ロードライトガーネット

「ガーネット」というのは10種類以上の鉱物を総称する石のグループ名であり、そのカラーも様々です。
ロードライトガーネットは、「パイロープ」、「アルマンディン」という赤色系の2種類のガーネットの中間の成分をもったストーンで、紫色を帯びたワインレッドカラーが特徴です。

透明度が高く品質の良い石が比較的多く流通しており、ジュエリーとしても人気が高い石です。

ギリシャ語で「ロード(rhodo)」はバラ、「ライト(lite)」は鉱物を意味し、和名では「薔薇石(ばらいし)」・「薔薇柘榴石(ばらざくろいし)」などとよばれます。

ロードライトガーネットに伝わる意味

ロードライトガーネットの意味

愛や絆を深める石

ガーネットの仲間の石は、熱意や積極性を高め、成功をもたらすといわれています。
「情熱」と「冷静」を象徴する赤紫色のロードライトガーネットは、夢に向かって着実に進んでいくための力をくれるでしょう。

また、ロードライトガーネットは、精神性に深く働きかけるパワーを持ち、持ち主の人間的な成長を促し、大切な人との心のつながりを深めてくれるとされています。
恋愛を成就させたい方や、家族・友人関係などとの絆を深めたい方にもおすすめです。

ロードライトガーネットの歴史・言い伝え

ロードライトガーネットは1882年アメリカのノースカロライナ州で初めて発見されました。
ところが、わずか20年後の1902年には枯渇してしまいます。
しかし、その後1964年にタンザニアのウンバ渓谷でも発見され、現在に至るまでロードライトガーネットを豊富に産出しています。 そのほかスリランカ・ブラジル・インドなどでも採掘されています。

ガーネットの語源や歴史・言い伝えもあわせてご覧ください。

こんなプレゼントにオススメ

パワーストーンとしても、宝石としても人気のガーネットはプレゼントにピッタリです。

プレゼント

定番はやっぱり誕生日プレゼント

1月の誕生石なので、1月生まれの方への誕生日プレゼントにぴったりです。
絆を深めてくれる石とされているので、大切な方に贈ったり、ペアアクセサリーとしてお互いに持つのも素敵ですね。

ロードライトガーネットのカラー・種類

紫色を帯びた赤色のガーネットです。、「パイロープ」・「アルマンディン」成分の比率により、色味に幅があります。
透明度の高いものが多く流通しています。

ロードライトガーネットの産地

タンザニア、スリランカ、ブラジル、インドなどから産出されています。

取り扱い・お手入れについて

ロードライトガーネットは水や紫外線に強く、日常で身につける分には退色の恐れもありません。 流水で洗う場合には、水分をしっかりと拭き取ってから自然乾燥で乾かしてください。

データ

1月ロードライトガーネット

石の名前 ロードライトガーネット(Rhodolite Garnet)
和 名 薔薇柘榴石(ばらざくろいし)
主な産地 インド、マダガスカル、スリランカなど
運 気 願望成就恋人・夫婦円満

「ロードライトガーネット」とその他の石の相性を調べる

ロードライトガーネットを使用したアイテム一覧をみる

鑑別書一覧

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP