山梨水晶

山梨水晶 (Yamanashi Crystal)

山梨水晶のトップページへ

山梨県で採掘された国産の水晶です。その歴史は古く、旧石器時代にさかのぼるともいわれています。

信仰の対象となったり、装身具として加工されるなど、日本の文化とのかかわりが非常に深い石ですが、現在では入手困難な希少石となっています。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

山梨水晶を使用したアクセサリー

山梨水晶のアクセサリー一覧

山梨水晶の粒売り/バラ売り販売

山梨水晶のパーツ一覧

山梨水晶ってどんな石?

山梨水晶

幻の国産水晶

かつて山梨県では、水晶峠・竹森・倉沢山・向山・乙女鉱山・八幡山・黒平など数々の鉱山から水晶が産出され、 やがて研磨加工業が盛んな街として栄えました。現在はすべての鉱山で採掘が禁止されており、流通しているのはごくわずか。

つまり山梨産の水晶は、入手が非常に難しい貴重な天然石なのです。

山梨水晶に伝わる意味

クリスタル(本水晶)の意味

あらゆる願いを成就させる

パワーストーンは“水晶に始まって水晶に終わる”といわれるほど、幅広く多くの人に愛好されている水晶。
開運・浄化・魔除け・心願成就など、さまざまなパワーをもたらすという万能の石です。

古来より水晶は“水精”とも称され、神によって創られた解けない氷といわれていました。
雨乞いや祈雨など水にかかわる祭祀に使われることもあったそうです。清水が湧き出る聖地とされる甲府市の金峰山の山頂からは、まじないの道具とともに発掘されるほど、水晶には特別な力があると信じられていました。

日本人とかかわりの深い水晶。
天然石は生まれた土地の気を宿すともいわれるため、日本の風土で育った山梨水晶のエネルギーは日本人にもなじみやすく、とても相性が良いと考えられています。

ぜひ日本の水晶ならではの魅力をお楽しみください。

山梨水晶の歴史・言い伝え

山梨水晶の歴史・言い伝え

武田信玄が愛した勝利を呼ぶ石

山梨県の最も有名な偉人といえば、戦国武将の武田信玄が思い浮かぶのではないでしょうか。
甲斐の虎といわれた信玄も、実は山梨水晶に魅せられた一人。戦いの際は常に水晶の大念珠を身につけていたといわれています。 信玄が使っていたという軍配にも中央に丸い水晶がはめこまれていたことから、信玄が水晶を戦勝祈願のお守りにしていたことがうかがえます。

こんなプレゼントにおすすめ

プレゼント

誕生日プレゼントに

「4月の誕生石」なので4月生まれの方への誕生日プレゼントにピッタリ。 他のカラーのパワーストーンと組み合わせて、お守り兼アクセサリーとしてもおすすめです。

「勝負運」のお守りに

水晶にはあらゆるパワーがあるといわれており、幅広い意味でのお守りとして用いられています。
山梨水晶は、武田信玄が戦場で常に身に着けていたとされることから、勝利を願うお守りとしてもおすすめです。
山梨水晶をみつめることで心が冷静になり、信玄が掲げた「風林火山」の軍旗の意味のように、状況に応じた判断や臨機応変な行動がとれるようになるかもしれません。
ここ一番の勝負を迎える方にプレゼントされてみてはいかがでしょうか。

山梨水晶のカラー・種類

山梨水晶のカラーは基本的には無色透明ですが、ややスモーキーがかった色味のものも多いです。
また、様々な内包物が入っているものが多いことで有名で、とくに黒褐色の針のようなトルマリン入りのものがよく見られ、「ススキ入り」と呼ばれています。
ほかにも白雲母、緑泥石、鋭錐石、板チタン石、ルチル、硫黄などさまざまな鉱物が内包されていることがあり、内部に気泡がみられることもあります。
そうした個性も天然の石ならではの魅力の一つです。

山梨水晶の産地

山梨県の水晶峠・竹森・倉沢山・向山・乙女鉱山・八幡山・黒平などの鉱山から産出しましたが、現在ではすべて閉山しています。

取り扱い・お手入れについて

水晶はとてもお手入れが簡単なストーンです。水分・塩分・日光などに弱い石も存在しますが、水晶はそのいずれにも強く、とても扱いやすいといえます。定期的に気になる汚れなどを拭き取ってあげるだけで、長く付き合っていけることと思います。

データ

4月山梨水晶

石の名前 山梨水晶(Yamanashi Crystal)
和 名 水晶(すいしょう)
主な産地 山梨県
運 気 仕事運恋愛成就癒し願望成就魔除け・厄除け

「山梨水晶」とその他の石の相性を調べる

山梨水晶を使用したアイテム一覧をみる

鑑別書一覧

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム