衝撃に気を付けて!アンバーの扱い方・注意する点は?

アンバー

アンバーと聞くと聞き慣れないかもしれませんが、「琥珀(こはく)」と聞くと馴染みがあるのではないでしょうか。

宝飾品として楽しまれているアンバー。
持つからには、綺麗な状態を保ちつづけたいですよね。

アンバーは注意していただきたい点があります。
アンバーをお持ちの方、アンバーに興味をお持ちの方はぜひご覧になっていただきたいです。

アンバーってどんな石?

アンバー(琥珀)は、正確には鉱物ではありません。
木の樹脂が地中に埋没し、長い年月をかけて固まった樹液の化石のことです。

マッコウクジラの体内で作られる結石の「竜涎香(りゅうぜんこう)」(アラビア語anber)の香りと、アンバーを燃やした時の香りが似ていることからアンバーと名づけられました。

アンバーは、パワーストーンとしても用いられますが、宝石としても用いられ、人々を虜にしています。
「虫入り琥珀」もあり、太古の昆虫が閉じ込められたアンバーは多くの方に重宝されています。

とても軽いので、ブレスレットやネックレスを着けていると「ちょっと重くて疲れちゃう・・・」なんて方にもおすすめできるパワーストーンです。

アンバーについて詳しく


アンバーは水や塩水・太陽光に弱いといわれています。
木の樹液なので、水に弱くないのではないかと思いますが、一般的に弱いと言われているので変色や変形してしまうのか気になりますよね。
大切なパワーストーンですが、お客様に正しい情報を提供したいので、アンバーで実験を行いました。

水実験・塩水(汗)実験・太陽光実験の方法

水実験では水を含ませたコットンの上にアンバーを、塩水実験では塩水を含ませたコットンの上にアンバーを置いておきました。
1カ月間は水または塩水を含んだコットンの上に石を置いた状態のままにしています。

塩水実験では、海水とほぼ同じ塩分濃度の3%にして実験を行いました。人体の塩分濃度は人体の水分量の約0.85%といわれているので、人の汗よりかなり塩分濃度は濃い実験になります。

【水実験】

アンバー水実験

【塩水(汗)実験】

アンバー塩水実験

写真の左側の石が実験用のアンバー。
写真の右側が、実験用と色が似た見比べるための保管用のアンバーです。
石の変化は右側の石と見比べてください。


【太陽光実験】
室内の、日中太陽光がよく当たる場所にボックスを置きコットンを敷いてその上にアンバーを置きました。

アンバー太陽光実験

室内なので雨の日も曇りの日も一定の場所に置いたままです。実験期間中は撮影時以外移動させていません。

水実験・塩水実験・太陽光実験で変化は見られない

【水実験】

アンバー水実験結果

1カ月間水に触れた状態のままでしたが、目に見てわかるほど色が薄くなったり、欠けたりというような変化は起こりませんでした。

【塩水実験】

アンバー塩水実験

水実験同様アンバーを1カ月間塩水に触れた状態のままにしましたが、こちらも目に見てわかるような変化はありませんでした。

アンバーが本当に水に弱いか、塩水(汗)に本当に弱いかの実験を行いましたが、今回の実験で、水でも塩水(汗)でも変化が見られませんでした。
普段の生活で水が少し付着してしまったくらいでは、すぐに変色などの心配はないと思います。

【太陽光実験】

アンバー太陽光実験後

2カ月様子を見ましたが、色が薄くなるといった変色は見られませんでした。
普段外出される際もそれほど気にすることはないと思います。

衝撃には十分注意が必要

アンバーはパワーストーンの中では極めて硬度が低いです。
パワーストーンブレスレットでよく使用される「クリスタル(本水晶)」や「ブラックオニキス」のモース硬度は7ですが、アンバーのモース硬度は2~2.5です。

モース硬度が2という数字は、人の爪で何とか傷つけることができる数字になります。

木の樹液の化石なので繊細なことは、予想できますね。
思いがけず爪や物が引っ掛かってアンバーを傷つけてしまうことがあるかもしれません。
すぐ傷がついてしますのでアンバーを身に着けるには、傷がつかないために注意が必要です。

パワーストーンの中でもアンバーは、要注意な石の一つです。

繊細に扱うことで宝飾品の輝きを

実験によって、手洗いの時水が付着したり、雨で濡れてしまったり、汗がついてしまった場合でも、長時間そのような状況が続かない限り、変化はすぐにしないことがわかりました。

もしそのような状況になった場合は、焦らずに乾いた布で丁寧に拭くことをおすすめします。

今回の実験で変化は見られませんでしたが、石によって個体差があることや環境の違いなどが考えられます。
あくまで簡易な実験ですので、参考程度にしていただきたいと思います。

太陽光についても、今回の実験は室内で行いましたが、外出をよくされる方は窓を通さず直接パワーストーンに太陽光が当たってしまいます。
できる限りパワーストーンにマイナスになる要因は避けていただいて、長く愛用していただきたいと思います。

衝撃などに注意し、アンバーに傷がつかないよう丁寧な扱いをすることで、宝飾品としても使用されるアンバーの良さが引き出されるでしょう。

関連するおすすめ商品一覧をみる

POPULAR人気の記事

NEW RELEASE新着の記事

POPULAR人気の記事

NEW RELEASE新着の記事

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP