糸魚川翡翠

糸魚川翡翠 (Jade)

糸魚川翡翠のトップページへ

豊穣と繁栄をもたらすとされた「いにしえの宝石」、糸魚川翡翠。
霊性の高い石として、古くは勾玉などに使われました。
日本人と最もかかわりの深い石のひとつです。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

糸魚川翡翠を使用したブレスレット

糸魚川翡翠のブレスレット一覧

糸魚川翡翠の粒売り/バラ売り販売

糸魚川翡翠のパーツ一覧

糸魚川翡翠ってどんな石?

糸魚川翡翠

日本が誇る世界最古の翡翠

翡翠は、人類が初めて身に着けた宝石と言われています。
その最古の産出地が、日本の新潟県糸魚川(いといがわ)です。
また、糸魚川翡翠は約5億年前のカンブリア紀にできた石であり、「地球上で最初にできた翡翠」とも言われています。

糸魚川で翡翠が最初に発見されたのは、今から約7000年前の縄文時代です。
翡翠は「大珠」「勾玉」といった装飾品に加工され、交易によって日本中に運ばれました。
日本の古代遺跡から発掘される翡翠はほぼ全て糸魚川産のものと考えられています。

糸魚川翡翠は、日本海に注ぐ姫川上流の「小滝川地区(小滝川ヒスイ峡)」と「青海川上流の橋立地区(青海川ヒスイ峡)」で産出しましたが、これらの場所は昭和31年に天然記念物エリアに指定され、現在は一切の岩石類の持ち出しが禁止されています。そのため、糸魚川翡翠の流通量は少なく、色合いの美しい石は非常に価値が高くなっています。

また、翡翠は「硬玉(ジェダイト)」・「軟玉(ネフライト)」に分けられますが、中国などの翡翠の多くが「軟玉(ネフライト)」なのに対し、糸魚川翡翠は「硬玉(ジェダイト)」であり、より堅牢な性質をもっています。

糸魚川翡翠に伝わる意味

糸魚川翡翠の意味

成功と繁栄をもたらす霊石

古代の人々にとって、緑色は豊穣や生命の存続・魂の再生をもたらす神聖な色でした。 そのため緑色の宝石である翡翠には不思議な呪力があるとされ、古くから祭祀の道具や権威の象徴として珍重されました。

翡翠は持ち主に人徳を与え、成功と末永い繁栄をもたらす石といわれています。仕事や恋愛など、あらゆる目標を成功へ導く手助けになってくれるでしょう。
また、翡翠には魂を清め守護する力があるので、魔除け・厄除けにも効果があるとされます。

糸魚川翡翠は日本の風土で生まれ、日本人の先祖が大切にしてきた霊石です。こうしたことから、海外産の物と比べて糸魚川翡翠のもつ「気」はとくに日本人になじみやすいといわれています。

糸魚川翡翠の歴史・言い伝え

伝説をたどって蘇った翡翠文化の記憶

糸魚川は世界で最も古い翡翠文化のふるさとであり、「長者ヶ原遺跡」では縄文時代の大規模な翡翠加工場の痕跡が発見されています。また、「大角地(おがくち)遺跡」で発見された「翡翠敲石(たたきいし)」は世界最古の翡翠加工品といわれています。

翡翠は縄文時代から、弥生時代・古墳時代を通じて珍重されました。しかし、奈良時代以降には翡翠の装飾品は忽然と姿を消します。その理由は分かっていませんが、この時代の服飾の変化が関係しているともいわれています。こうして、日本の翡翠文化はいったん途絶え、糸魚川の翡翠の存在もいつの間にか忘れ去られてしまいました。

驚いたことに、昭和初期までは、日本には翡翠の産地は無く、古代の翡翠はすべて外国から渡ってきたものと考えられていたのです。

糸魚川翡翠の再発見のきっかけは、この地に伝わる美しい姫の伝説でした。昔このあたり一帯は、沼河姫(ぬなかわひめ)という姫によって治められていました。沼河姫は翡翠の玉を身に着け、霊的な力をもった巫女的な存在だったともいわれています。

『古事記』には、島根の出雲大社の神様として知られる大国主命(おおくにぬしのみこと)がはるばる沼河姫の家までやってきて熱心に求婚し、互いに歌を交わして結婚したことが書かれています。

また、『万葉集』巻十三には「渟名河(ぬなかは)の 底なる玉  求めて 得まし玉かも  拾ひて 得まし玉かも 惜しき君が 老ゆらく惜しも(沼名川の底にある玉は、求めて得られる玉だろうか、拾って得られる玉だろうか。その玉のように得がたく大切なあなたが年老いていくのは残念だ)」という歌が収められています。

歌のなかの「渟名河(沼名川」)というのは現在の「姫川」のことで、その名前はこの地を治めていたとされる沼河姫に由来しています。また、川のそこにある玉とは、翡翠のことだと考えられています。

昭和初期、糸魚川の文人相馬御風は沼河姫の伝説に注目し、「姫が身に着けていたとされる翡翠は糸魚川でとれたものだったのではないか」という疑問をもちました。昭和13年に御風からこの話を聞いた知人は、小滝村(現在の糸魚川市小滝)に住む親戚にその話を伝えて探してもらったところ、小滝川に注ぐ土倉沢の滝つぼで緑色の美しい石が見つかりました。

そして、東北大学理学部岩石鉱物鉱床学教室に送られ科学的に分析された結果、その緑色の石が翡翠であることが証明されたのです。それはまさに、それまでの定説を覆す大発見でした。

現在では日本を代表する「国石」として親しまれている翡翠ですが、日本で産出することが再び知られたのは意外と最近のことなのです。

翡翠再発見の鍵となったのは沼河姫の伝説でしたが、実はこの伝説は実際の出来事がもとになっているとも言われています。大国主命が沼河姫と結婚したという神話の物語は、出雲の豪族が糸魚川の翡翠とその加工技術を手にいれるために勢力をのばしてきたことを表しているというのです。古代の出雲は、勾玉や管玉などを作り出していた「玉」の一大生産地でしたが、その技術や製法は糸魚川のものと共通しているといわれています。

また、出雲大社の「真名井遺跡」からは非常に高品質で立派な糸魚川翡翠の勾玉が発見されています。
出雲と糸魚川との間には、翡翠をめぐる浅からぬ縁があるようです。

こんなプレゼントにオススメ

古くから人々に大切にされてきた翡翠は贈り物にもピッタリです。

プレゼント

日本の文化に関心のある人へ

「日本の国石」とされる翡翠のなかでも、糸魚川翡翠は日本の翡翠文化のもとになった、「真の国石」といえるでしょう。
悠久の歴史を感じさせる糸魚川翡翠は、とくに日本の文化に関心のある人への贈り物におすすめです。

誕生日プレゼントに

翡翠は「5月の誕生石」としても知られていますので、5月生まれの方への誕生日プレゼントにぴったりです。
成功・繁栄などを象徴する非常に縁起のいい石であり、魔を払うとされ力があるとされているので、持ち主を末永く守ってくれる良いお守りとなるでしょう。

糸魚川翡翠の産地

新潟県糸魚川市の姫川上流の「小滝川地区(小滝川ヒスイ峡)」と、青海川上流の「橋立地区(青海川ヒスイ峡)」で産出する翡翠を「糸魚川翡翠」とよびます。

昭和31(1956)年に小滝川ヒスイ峡、翌年に青海川ヒスイ峡が国の天然記念物エリアに指定されました。現在この場所では翡翠のほか一切の岩石・植物などの採取が厳重に禁止されています。

しかし、指定エリア外の糸魚川の海岸で姫川上流から流れてきた糸魚川翡翠が見つかることもあります。

取り扱い・お手入れについて

糸魚川翡翠は硬く丈夫な石で、水・紫外線にも強いと言われています。
汚れが目立ってきた際には水洗いすることもできますが、しっかりと水分を拭き取って自然乾燥してあげましょう。

データ

5月糸魚川翡翠

石の名前 糸魚川翡翠(Jade)
和 名 翡翠(ひすい)
主な産地 新潟県糸魚川市
運 気 願望成就仕事運

「糸魚川翡翠」とその他の石の相性を調べる

糸魚川翡翠を使用したアイテム一覧をみる

鑑別書一覧

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP