ペリドット

ペリドット (Peridot)

ペリドットのトップページへ

活き活きとした、明るい「オリーブグリーン」が特徴のペリドット。

サードオニキスと同じく8月の誕生石の一つに数えられます。

パワーストーン・オーダーメイドアプリ

ペリドットを使用したブレスレット

ペリドットのブレスレット一覧

ペリドットの粒売り/バラ売り販売

ペリドットってどんな石?

ペリドット

「イブニングエメラルド」と称される

明るい黄緑色に、透明感が合わさることでとても高級感のあるペリドット。
ペリドットは宝石としての名称で、鉱物名は「オリビン olivine」といいます。

パワーストーンの中でも希少な石で、大粒で透明感があるものは宝石へと加工されます。

多くの石は、小さな灯火程度ではあまり光輝くことはありませんが、ペリドットは、光の屈折率が高い為、わずかな明かりでも強い光を放っているように見えます。

ローマ人は、この石が夜暗くなっても見えるほど輝きが美しいことから「イブニングエメラルド」と呼んでいたそうです。

ペリドットに伝わる意味

ペリドットの意味

パートナーと円満な関係を築く

ペリドットの持つ美しい輝きは、太陽の光をいっぱいに浴びた草原のように活き活きとしています。
この石の美しさを眺めていると、希望、安らぎ、優しさといった気持ちを感じられるでしょう。

古くから「太陽の石」とも呼ばれていたペリドットは、持ち主の暗い気持ちを払いのけ、ポジティブな明るい感情を育んでくれると言われています。

人の考えや発言を否定的にうけとってしまう人、何事も前向きに捉えられるように努力をする人には、お守りとして身に付けることで、心を後押ししてくれることと思います。

またペリドットは「ひた向きで、前向きな心」もたらしてくれることで、パートナーとの愛情、信頼を高めてくれるとも言われています。夫婦やカップルでお揃いで身に付けることで、より円満な関係を築くお守りとなってくれるでしょう。

ペリドットの歴史・言い伝え

ペリドットには、太陽にまつわるエピソードが多く存在します。

「太陽の石」ペリドット

「月の石」がムーンストーンだから、「太陽の石」は「サンストーン」じゃないの?
こう思われる方がほとんどだと思います。

確かに、「サンストーン」の方が見た目は太陽に近いように感じられるでしょう。
しかしペリドットにも「太陽の石」と呼ばれるエピソードがあるのです。


紀元前1500年頃のエジプトでは、既にペリドットが宝飾品として親しまれていました。
太陽神を崇拝していた当時の人々にとって、特別な宝石だったようです。

ペリドットはその屈折率の高さから、暗い場所でも明るい色を放つ石です。
暗い闇夜でも光り輝くように見えるペリドットから、太陽の力を感じていたでしょう。

そして彼らはペリドットを「太陽から飛来した石」と信じていました。
これには諸説ありますが、実際に隕石の一部からペリドットと同様の鉱物が見つかったこともあり、当時の人々も、空から落ちた隕石などからペリドットを見つけていたのかもしれません。

こんなプレゼントにオススメ

プレゼント

円満のお守りに

ペリドットには、「パートナーとの信頼、愛情を高めてくれる」という意味が伝えられますので、ご両親や新婚さんへのプレゼントにされるのがオススメです。

誕生日プレゼント

「8月の誕生石」なので8月生まれの方への誕生日プレゼントにピッタリ。
恋人やパートナーへのプレゼントなら、ご自身との円満な関係も一緒に願えますね。

ペリドットのカラー・種類

ペリドットの鉱物名でもある「オリビン」は無色透明や黒色なども含まれますが、市場でペリドットとして流通している石はほとんどがオリーブグリーンカラーをしています。大粒で透明感の高いものは、高価になり宝石へと加工されますので、パワーストーンとして8mm玉以上の美しいペリドットはとても希少です。

ペリドットとの組み合わせがオススメの石

ペリドット×スモーキークォーツ

ペリドット×スモーキークォーツ
ペリドットは男性、女性を問わず親しまれています。
スモーキークォーツとの色合いも良く、優しい男性のような印象に仕上がります。

ペリドット×アラゴナイト width=426

ペリドット×アラゴナイト
グリーンとイエローの組み合わせは鉄板カラー。
「良い縁」を意味するアラゴナイトとの組み合わせは、コミュニケーションのお守りにもオススメです。

ペリドットの産地

紀元前1500年頃の古代エジプトでは、エジプト南部の海岸から少し離れた紅海に浮かぶ小さな島トパズィオス島(現在はザバルガート島/英名セントジョーンズ島)から良質なペリドットが多く産出されていました。当時はトパーズと一緒に産出されていたようで、ペリドットも当時は「トパゾス」と呼ばれていました。その後、十字軍によってヨーロッパへと広められていき、現在でも博物館などで良質のペリドットの宝石が飾られています。
既に絶産していますが、このトパズィオス島では約3500年もの間、良質なペリドットが採掘され続けました。

また近年までハワイでも美しいペリドットが産出されていましたが、既に絶産しており、現在ではアメリカのアリゾナ州、メキシコ州や中国、アフガニスタン、オーストラリアなどから産出されます。

取り扱い・お手入れについて

ペリドットは太陽光や水にも強いので、とても扱いやすい石といえます。しかし、クラックが入っているものが多いため、強い衝撃などを与えないように注意しましょう。

データ

8月ペリドット

石の名前 ペリドット(Peridot)
和 名 橄欖石(かんらんせき)
主な産地 アメリカ、アフガニスタンなど
運 気 恋人・夫婦円満人間関係

「ペリドット」とその他の石の相性を調べる

ペリドットを使用したアイテム一覧をみる

パワーストーンの組み合わせ・相性チェック

パワーストーンコラム

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP