精神を癒す石!チャロアイトの扱いはどうすればいいの?

チャロアイト

チャロアイトは大変人気が高いため、名前を聞いたことはあるのではないでしょうか。
名前だけ聞いてもピンとこない方も、見たら「あの石チャロアイトって言うのか!」と、お店で見かけたことや、着けている方を見たことがあるかもしれませんね。

美しいチャロアイトですが、実は水や汗に弱いとされている石の一つなのです。
珍しくて美しい石なのに、水や汗で変色などしてしまったらショックですよね。

できる限りそのようなことになってほしくないので、本当に水や汗に弱いのか正しい情報を配信したいと思い、実際に水や塩水を使って実験を行いました。

人気の高いチャロアイトなので太陽光で変化してしまわないかも実験しました。
実験結果の前に、まずは「チャロアイト」について簡単に説明したいと思います。

チャロアイトってどんな石?

チャロアイトは、ロシアのサハ共和国のムルン山塊でしか産出されないとても希少な天然石です。
発見されたのは1978年で、比較的新しい鉱物なのです。
エジリン(黒)やマイクロクリン(白)などの鉱物が混ざりあって、美しいマーブル模様をしているのが特徴です。

チャロアイトは、ラリマースギライトと並び「世界三大ヒーリングストーン」と呼ばれています。
詳しくは「魅力いっぱい!世界三大ヒーリングストーンってどんな石?」をご覧ください。

チャロアイトについて詳しく


水実験・塩水(汗)実験・太陽光実験の方法

【水実験】
水実験の方法は、水を含ませたコットンの上にチャロアイトを置いておきました。
実験期間中は水を含んだコットンの上に石をずっと置いたままです。

チャロアイト水実験

【塩水実験】
塩水(汗)実験の方法は、塩水を含ませたコットンの上にチャロアイトを置いておきました。
実験期間中は塩水を含んだコットンの上に石をずっと置いたままです。

塩水は、海水とほぼ同じ塩分濃度の3%にして実験を行いました。
人体の塩分濃度は人体の水分量の約0.85%といわれているので、人の汗よりかなり塩分濃度は濃い実験になります。

チャロアイト塩水実験

写真の左側の石が実験用のチャロアイト。
写真の右側が、実験用と色が似た見比べるための保管用のチャロアイトです。
石の変化は右側の石と見比べてください。


【太陽光実験】
室内の、日中太陽光がよく当たる場所にボックスを置きコットンを敷いてその上にチャロアイトを置きました。

チャロアイト太陽光実験

室内なので雨の日も曇りの日も一定の場所に置いたままです。実験期間中は撮影時以外移動させていません。

水実験・塩水実験・太陽光実験で変化は見られない

【水実験】

チャロアイト水実験後

1カ月間水に触れた状態のままでしたが、上記の写真の通り、目に見てわかるほど色が薄くなったり、欠けたりというような変化は起こりませんでした。

【塩水実験】

チャロアイト塩水実験後

塩水実験でも同様の結果が出ました。
水実験と同じように、1カ月間塩水に触れた状態のままでしたが、こちらも目に見てわかるような色の変化などはありませんでした。

水や汗に弱いといわれているチャロアイトですが、1カ月間水や塩水に触れさせたままでしたが変化がなかったということは、それほど神経質になる必要はないかと思います。
安心して普段着用していただいて大丈夫だと思います。


【太陽光実験】

チャロアイト太陽光実験後

2カ月様子を見ましたが、色が薄くなるといった変色は見られませんでした。
普段外出される際もそれほど気にすることはないと思います。

衝撃には気をつけて

水に弱いといわれているチャロアイトですが、実はあまり硬度が高くない石なのです。

よく目にするクリスタル(本水晶)ブラックオニキスの硬度は7。それに対しチャロアイトの硬度は5~5.5になります。
デスクワークをされている方は、キーボードを打ち込む際机にガチャガチャぶつかってしまうと思います。
またそれ以外の仕事をされている方も、腕に着けているとぶつけてしまうことは多いと思います。

クリスタルやオニキスと比べて分かるように、チャロアイトの硬度は決して高いわけではありません。
すぐに割れてしまうことはないと思いますが、ぶつかったり、擦れたりしないよう注意していただきたい石です。

神経質にならず「気をつける」程度で大丈夫

今回の水や塩水・太陽光による実験結果では、変化は見られませんでしたが、石によって個体差があることや環境の違いなどが考えられます。
絶対変化しません!とは残念ながら言い切れないのであくまで参考程度に把握して頂いて、取り扱いには気をつけてくださいね。

神経質になる必要はありませんので、なるべく水に濡れてしまった時や、よく汗をかいてしまった時は、すぐ乾いた布で拭くなどして、大切に扱ってください。
マーブル模様をした大変希少なチャロアイト。一粒一粒色や模様は少しずつ違います。
まったく同じ模様をした石はありません。
あなただけのチャロアイトを長くご愛用していただくため、普段生活で水に濡れたままにしたり、擦れたりしないように少し心がけて頂くことが大切です。

関連するおすすめ商品一覧をみる

POPULAR人気の記事

NEW RELEASE新着の記事

POPULAR人気の記事

NEW RELEASE新着の記事

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP