パワーストーンでも大人気!三大宝石のパワーストーン雑学

三大宝石といえば、ルビーサファイアエメラルド
宝石店に行くとキラキラの世界が広がっていて、ワクワクしますよね!

宝石も元々鉱物で、カットの技術などによりあのようなキラキラが実現できます。

宝石というと一番に頭に浮かぶのは、ダイヤモンド。
ですが、ダイヤモンドの原石を見たことはありますか?

ダイヤモンドの原石は、皆さんがイメージしているような「ダイヤモンド」ではありません。
あまりパワーストーンとしても目にすることはないですよね。
ダイヤモンドの良さを味わえるのは、やはり宝石のダイヤモンドだと思います。

ダイヤモンドの原石を見る機会があればぜひ!!

今回は、ルビー、サファイア、エメラルドの三大宝石雑学を紹介したいと思います。

■エメラルドにも仲間がいる・・・!?

エメラルド

エメラルドは、綺麗なグリーンカラーをしています。
そんなエメラルドはべリル(緑柱石)という鉱物の一種です。
緑柱石という名前なので、グリーンカラーの鉱物しかないというわけではありません。

エメラルドには同じべリルの仲間が・・・

まず「べリル」にクロムやバナジウムを含むとエメラルドの緑色に発色します。
その他にも有名な鉱物もエメラルドの仲間なのです。

≪アクアマリン≫

アクアマリン

アクアマリン」は知っていますよね?
「べリル」に鉄を含むとアクアマリンの淡青~青に発色します。


≪モルガナイト≫

モルガナイト

「べリル」にマンガンを含むとモルガナイトの淡赤に発色します。


エメラルドには無色、淡赤~赤、淡青~濃青、黄~黄緑など様々な仲間が存在します。
エメラルドに、このように多くの仲間がいたことを知っていましたか??

よく耳にする「アクアマリン」と「エメラルド」が同じ鉱物だということには驚きですよね。

同じ鉱物ですが、市場価格は大きく異なります。
その理由は、天然で強い緑色に発色するものは少ないため、エメラルドは希少なものとして扱われるからです。

■サファイアとルビーは仲間だった!?

サファイアルビーもコランダムといわれる鉱物です。
鉱物自体は同じですが、含まれる不純物イオンによって色味が異なります。

コランダムの中で赤色のものを「ルビー」。
ルビー以外のその他の色は「サファイア」と呼びます。


≪サファイア≫

サファイア

サファイアは青色だけだと思っていませんか?

実はサファイアには、無色透明をした「カラーレスサファイア」、紫色をした「バイオレットサファイア」、緑色をした「グリーンサファイア」、黄色の「イエローサファイア」、オレンジ色をした「オレンジサファイア」、ピンク色をした「ピンクサファイア」、ピンク色とオレンジ色の間の色をした「パパラチアサファイア」が存在するのです。

サファイアの前に色の名前がつくのですが、なにもつかず「サファイア」というと、ブルーカラーのものが指されます。


≪ルビー≫

ルビー

前述のとおり、コランダムのルビー以外のものは全てサファイアと呼ばれるため、ルビーは大変希少価値が高いのです。

パワーストーンでルビーとして販売されている物のほとんどは、鑑別で「パープルサファイア」となることが多いようです。

■お好みの石をチョイスして!いろいろ楽しめるのがパワーストーンの良さ

宝石のエメラルドやサファイア、ルビーを購入しようと思うとポンッと買える金額ではありませんよね。
目の飛び出そうな高価な宝石もあります。

自分の好きな石を、お手頃な価格で楽しむことができるのはパワーストーンの良さの一つです。


今回紹介した三大宝石を組み合わせたブレスレットもぜひ!
ブラックスピネルとの組み合わせでかっこよく決まります。

【X・G】ブラックスピネルブレスレット ルビー・サファイア・エメラルド 【X・G】ブラックスピネルブレスレット ルビー・サファイア・エメラルド



すべて同じ石のシンプルなブレスレット。
好みの色や、好きな石を組み合わせたブレスレット。

パワーストーンは楽しみ方様々です。

オーダーメイドブレスレット パワーストーンのオーダーメイドアプリ「パスクル」

ぜひお好みの石をチョイスして自分だけのブレスレットを作ってみてはいかがですか?

POPULAR人気の記事

NEW RELEASE新着の記事

POPULAR人気の記事

NEW RELEASE新着の記事

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP