数珠の持ち方・使い方は?意外と知らないお葬式マナー

Top

お葬式で、作法が分からず戸惑った経験はありませんか?

前に出てお焼香をするとき、ほかの人の様子に倣おうと一人ひとりの様子を見ていると、作法が人によってバラバラであることに気が付きます。
また、持っている数珠の形や持ち方もさまざまです。

実は、こうしたお葬式の作法は、その人の家の宗派によって違うのです。
お葬式などで慌てないで済むように、あなたの家の宗派の正しい作法を知っておきましょう。



お葬式に数珠は必ず必要?

数珠はもとは念仏などの回数を数えるのに使った道具でした。
しかし、今はお葬式などでそのような用途で数珠を使うことはありませんよね。
それなのに数珠を持つことがマナーとされているのは一体なぜなのでしょうか?

それは、仏教の長い歴史のなかで、数珠が「実用的な道具」という本来の用途を超えて、「仏と人との縁をつなぐ仏教儀式に不可欠な法具」とされるようになったからです。

数珠は、珠が連なるように縁をむすび、仏様の世界と生きている物の世界をつなぐ力をもっていると考えられています。
また、数珠を持つことで身も心も正され、仏様を敬う気持ちを示すことになります。

こうしたことから、現代のお葬式などの場でも、亡くなって仏様の世界へ行かれる人への敬意や哀悼を表すために数珠を持つのです。

そのため、数珠は絶対になければならないというわけではありませんが、故人への礼儀として持っていた方がよいでしょう。

数珠は持ち主の分身とも考えられているので本来はあまり貸し借りするものではありません。
しかし、お葬式で数珠を忘れてきてしまった場合、葬儀会社や葬儀会場の人に聞いてみると予備の数珠を貸してもらえることもあります。

ただし、神道式やキリスト教式などのお葬式では数珠は必要ありません。
また、仏教以外の宗教を信仰している場合も数珠を持たなくてもよいとされています。



数珠の扱い方の基本(略式数珠)

数珠の種類によって、扱い方が異なります。まずはどの宗派でも使える「略式数珠」から。

略式数珠(片手数珠)の場合

Top

基本的に数珠は左手に持ちます。


霊前(仏前)で手を合わせるときなどは、左手のみに数珠の輪を通して合掌する方法と、合掌した両手に数珠の輪をかける方法があります。

Top

左手のみに輪をかける合掌

Top

両手に数珠の輪をかける合掌



数珠の扱い方の基本(本式数珠)

本式数珠の場合、宗派ごとに数珠の形が違うため、数珠の持ち方も違います。
数珠の形の違いについては、以下の記事を参照してください。

宗派によって違う! 7種類の数珠


天台宗(てんだいしゅう)

Top

数珠を持つときは二重にして親珠が上にくるようにして握ります。このとき房は手の外側に垂らします。


合掌するときは、まず数珠を両手の人差し指と中指の間に数珠を挟み、中指・薬指・小指が数珠の輪の内側にくるようにして広げ、そのまま手のひらの間に数珠を挟むように両手を合わせます。

Top

合掌時に、数珠を挟みます



真言宗(しんごんしゅう)

Top

数珠を持つときは二重にして親珠が上にくるようにし、房は手のひら側に垂らして珠と一緒に握ります。


Top

合掌するときは、まず数珠の二つの親玉を両手の中指にかけ、そのままてのひらの間に数珠をはさむように両手を合わせます。

なお、自分のため修行・祈祷を行うときはこのとき房を手のひらの内側に入れて挟みます。



浄土宗(じょうどしゅう)

数珠を持つときは、まず左手に二連の数珠のうち房つきの金輪が通っていないほうの輪を親指と人差し指の間に挟んでかけ、次にもう一つの輪を人差し指と中指の間に挟んでかけ、両方とも握ります。


Top

親指、人差し指、中指で2連をそれぞれ挟む

念仏を唱えるときは、このまま左手親指で珠を繰ります。

Top

合掌するときは、二つの輪の親珠の位置をそろえ、親珠を人差し指と親指で挟むようにして両手にかけます。このとき、房は自分側に垂らすようにします。



浄土真宗(じょうどしんしゅう)本願寺派・大谷派

男性用の一重の数珠の扱い方については上記の「数珠の扱い方の基本(略式数珠)」をご覧ください。ここでは女性用の本式数珠の扱い方について解説致します。

Top

本願寺派・大谷派ともに、数珠を持つときは房を下にして左手に持ちます


Top

本願寺派は合掌するときは、房を下に垂らして親指と人差し指の間に数珠を挟むように両手にかけます


Top

大谷派は合掌の際、親玉を上にして両方の親珠を両手の親指と人差し指の間ではさみ、房は上から左側に垂らします。



臨済宗(りんざいしゅう)・曹洞宗(そうとうしゅう)

Top

数珠を持つときは二重にし、房を下にして左手に持ちます。


Top

合掌するときは二重にし、房を下にして左手の親指と人差し指の間に挟むように掛け、左右の手をあわせます。



日蓮宗(にちれんしゅう)

Top

数珠を持つときは二重にし、房を下にして左手に持ちます。


日蓮宗の合掌時の数珠の持ち方は2通りあります。 お経を唱える際などの通常の合掌では、数珠を二重にし、房を下にして左手の親指と人差し指の間に挟むように掛け、左右の手をあわせます。

Top

お経を唱える際などの通常の合掌


お題目(南無妙法蓮華経)を唱えるときや先祖や故人のための法要を行うときには、まず3つに分かれた房がついているほうの親珠を左手中指にかけ、数珠をひとひねりし(∞のような形になる)、もう一方の親珠を右手中指にかけ、そのまま数珠を手のひらに挟むようにして両手を合わせます。

Top

お題目(南無妙法蓮華経)を唱えるときの合掌



各宗派の焼香・線香の作法

Top

お線香やお焼香の作法も宗派によって違います。こちらもあわせて覚えておくとよいでしょう。

どの宗派も、順番が来たら数珠を左手に持ち、施主に一礼して焼香台の前に進み、本尊、遺影、位牌に合掌します。

次に右手で香をつまんで額のところまで押しいただき(浄土真宗以外)、その香を香炉にくべ、再び数珠を手に合掌します。終わったら数珠を左手に持ち、施主に一礼して席に戻ります。

お葬式では数珠の持ち方も線香・焼香の仕方も、基本的には故人の家ではなく自分の家の宗派の方法で行ってください。

各宗派の焼香・線香の作法

宗派 焼香の回数 線香の本数
天台宗 3回 3本を立てる
真言宗 1回 1本を立てる
浄土宗 1回 1本を立てる
浄土真宗本願寺派 1回 折って寝かせる
浄土真宗大谷派 2回 折って寝かせる
曹洞宗 2回 1本を立てる
臨済宗 2回 1本を立てる
日蓮宗 2回 1本を立てる

終わりに


Top

お葬式には、数珠の持ち方だけではなくさまざまなマナーやしきたりがあります。

この記事でご紹介した、数珠の扱い方やお焼香の作法などは特に大切なマナーの一つです。
こうしたことを知っておくのは、人前で恥をかかないようにするためだけではありません。

正しい礼法を守ることは、亡くなった人への敬意や哀悼など真摯な想いを行動として表すことでもあります。

また事前にマナーを知っておくことで、焦りの気持ちに邪魔されることなく、故人と心からのお別れをすることができるでしょう。
ここで紹介した数珠の持ち方の作法は、お葬式だけでなく、法事やお墓参りなどの際にも役に立つ知識ですのでぜひ覚えておいてくださいね。

関連するおすすめ商品一覧をみる

関連するおすすめ商品一覧をみる

POPULAR人気の記事

NEW RELEASE新着の記事

POPULAR人気の記事

NEW RELEASE新着の記事