子供にも数珠は必要?幼いうちから数珠を持たせたほうがよい3つの理由

Top

子供でも、身内や近しい人が亡くなることがあればお葬式などに参列することがあります。

お葬式などの法事の際、一般的には数珠をもって参列することがマナーですが、子供にも数珠は必要なのでしょうか?
これについてはそれぞれの家庭で考えがあり、必要ないと考えている方も多いと思います。

しかし、実は子供に数珠を与えることには様々なメリットがあるのです。



子供にも数珠を持たせたほうがよい理由


子供の頃に数珠を持たせることには、大きく3つの理由があります。

1.子供のこころの成長につながる
「まだ子供だから数珠なんていらないだろう」「正しく使えないだろう」など無意識に子供を大人の考える「子供」の型にはめがちです。

しかし、大人と同様に数珠をもたせ一人前として扱うことで、子供は自分が大切な家族の一員として尊重されていることを感じます。
こうしたポジティブな気持ちは子供の自己肯定感や自立心を育むことにもつながります。

また、数珠の使い方を教えることは、亡くなった人や命そのものへのむかい合い方を教えることでもあります。
命を尊ぶ優しい心というのは、言葉だけでは伝えることがなかなか難しいものです。

数珠をもって手を合わせることは、子供が命について考えるきっかけになる大切な経験の一つとなるでしょう。


2.子供が礼儀やマナーを学ぶきっかけになる
子供のうちはお葬式や法事などの厳粛な場の空気に戸惑ったり退屈してしまうこともあるでしょう。

そんな時、ただ「静かにしなさい」や「きちんと座りなさい」というよりも、数珠をもたせて大人の真似をさせてみてください。

数珠の簡単な使い方を教え、お手本を見せながら一緒に使ってみると、意外と子供は興味をもちます。
そして大人たちの様子を意識して見ることで、亡くなった人を見送るのにも作法があることを学びます。

Top

正式な場で大人と同じ行動を取らせることが大切

小さいころから手を合わせることを経験するのはとても良いことです。
こうした経験をすることによって、大人になっても自然と手を合わせる事ができるように成長するでしょう。

数珠の持ち方・使い方は?意外と知らないお葬式マナー


3.数珠は子供を守ってくれる

数珠は持ち主の分身であり、持ち主を災いから守ってくれると言われています。
たとえうまく使うことができなくても、数珠は持っているだけでお守りとなってくれます。
そのため数珠は貸し借りするものではなく、一人一人に必要であり、子供であっても自分の数珠を持つことが望ましいのです。

とくに天然石を使用した数珠は、天然石自体にもそれぞれお守りの効果があるとされているので、お守りとしておすすめです。
たとえば、アメジストは冷静さ・落ち着きをもたらすといわれています。
それぞれの天然石のもつ効果や意味については下記のページをご覧ください。

パワーストーン辞典


いつから持たせるのがいい?

数珠を持たせる時期の明確なルールはありませんが、小学生以上であれば、分別も付き始める年ごろですので、自分専用の数珠をもたせたほうがよいでしょう。

幼児でも、大人の持ち物や行動を真似したがり興味を持つようであれば簡易な数珠を持たせてあげるとよいと思います。
幼い子には腕輪タイプの数珠もおすすめです。
数珠はお守りでもありますから、持っているだけでも意味があります。

小中学生くらいまでは子供用の数珠を使用していても差支えないと思われますが、高校生くらいになれば手の大きさも大人と同じくらいになりますので、大人用のしっかりとした数珠を用意してあげるとよいでしょう。



どんな数珠を持たせたらいい?

数珠の種類

一般的な子供用数珠としては、アクリルやプラスチック素材でできた小ぶりのものが流通していますが、基本的には素材に決まりはありません。

また幼児であれば珠を連ねただけのブレスレットのようなものを子供の数珠の代わりにしてもかまいません。

大切なのは、自分だけの数珠をもち故人に敬意を示して手をあわせようとする気持ちだからです。

当店で扱っている子供用数珠は、あえて大人用の数珠と同じ素材・大きさの玉を使用した本格的な京念珠です。
それは、成長とともに玉の数を変えて大人になっても末長く使用していただきたいという想いからです。

使用している天然石にもお子様の健やかな成長への願いが込められています。
お子様の手の大きさにあわせた数珠のサイズ変更や、お好みにあわせたパーツの変更なども承りますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。



パスクル子供用数珠の商品一覧


終わりに

Top

大人と同じように自分の数珠を持ってお葬式に参列し、一人前の存在として扱われることは、子供の心にもよい影響をもたらします。
また、数珠の使い方を教えることは、子供が命への感謝の気持ちや社会のマナーを学ぶ良いきっかけとなります。

さらに、数珠には持ち主を守る魔除けの力があると言われていますので、子供にも自分専用の数珠をご用意されることをおすすめします。

子供自身の数珠はお葬式の時などに限らず、お墓参りなどの際にも持たせてあげてください。
すると、お参りさせられているという受け身な気持ちではなく、自分からお参りしようという前向きな気持ちで手を合わせることができるはずです。

ある調査によると幼いころの墓参りの経験は自分やまわりの人を大切にする気持ちを芽生えさせ、子供の将来にもポジティブな影響をもたらすそうです。

子供のうちは正しく数珠を扱うことは難しいかもしれません。
おもちゃのように遊ぼうとする子もいるでしょう。
しかし、そうした失敗も学びのひとつです。

子供に数珠は必要ないとお考えの方も、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?

関連するおすすめ商品一覧をみる

POPULAR人気の記事

NEW RELEASE新着の記事

POPULAR人気の記事

NEW RELEASE新着の記事

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP