数珠は大切なパートナー!お手入れ・保管・処分の仕方

Top

数珠は普段使う機会が少ないものだからこそ、一つのものをできるだけ長い間大切に使いたいですよね。
そのためにはどのように保管すればよいのでしょうか?

また、数珠が不要になったとき、どのように処分したらよいのでしょうか。
数珠を新たに手に入れた方も、数珠を手放そうとしている方も、ぜひご一読下さい。

お手入れの仕方

数珠の素材によって気をつけることは異なりますが、基本的にはどの数珠も使用後に柔らかい布で汗やホコリなどを優しく拭き取ってお手入れします。
とくに珊瑚・真珠は汗や皮脂に弱く、汚れたままにしておくと変色することがあるので注意してく下さい。

また、天然石を素材とするものについては、それぞれ特性が異なりますので当サイト内の「パワーストーン辞典」等の情報を参考にしてください。

天然石の一覧


房に癖がついたときは、優しく櫛でときます。
それでも直らないときは、やかんでお湯を沸騰させ、房全体に蒸気を当てた後に櫛で整える方法もあります。

Top

房を持って、優しく丁寧にときます。

ただし繊維が溶けることがあるので、必ず短時間にとどめ、良く乾かし、湿った状態のまま箱や袋に戻さないようご注意下さい。



数珠の保管法

Top

数珠は桐箱、または数珠袋に入れてタンスや仏壇の引き出しなど、直射日光が当たらず温度変化の少ない場所で保管して下さい。
その際、防虫剤を一緒に入れると虫食い予防になります(とくに珠が木の実でできている数珠は虫食いに注意してください)。

桐箱は内部の湿度を一定に保ち、防腐成分や虫よけの成分も含むので、とくに保管に適しています。
数珠袋で保管する際は、房に癖がつきやすいので、入れる際に房を整え、できるだけ袋の中で乱れないようお気をつけください。



数珠の修理について

数珠を大切に使用していても、使用しているうちにどうしても紐が摩耗・劣化していき、切れてしまうことがあります。

数珠の紐が切れることは、悪縁が切れたことの表れと考えられ、決して縁起の悪いことではありません。

切れてしまった数珠の珠を新たな紐で繋ぎなおすことで、新たな良い縁をつなぐことができます。

パスクルで購入された数珠については、修理・珠や房の交換・サイズ変更等も承りますので、お気軽にご相談ください。

お問合せフォーム


処分の方法

数珠はただの道具ではなく、持ち主を守ってくれる厄除けのお守りでもあります。そのためごみと同じように捨てることはおすすめできません。

ふつう不要になったお守りは寺や神社におさめお焚き上げしてもらいますが、数珠の処分についても基本的には同じです。
自分の宗派の寺やお付き合いのあるお寺などにおさめるのが望ましいでしょう。
できればお寺の方に事前に電話などで相談しておくと安心です。

数珠を塩で清めてから自分で焼却する方法や、土に埋める方法などもあります。その場合は必 ず自分の家の敷地内で行いましょう。



故人の数珠はどうする?

数珠は持ち主の分身とも言われています。
また、亡くなった方が生前使われていた数珠は、死後の世界への旅立ちに必要とされているので棺の中に入れます。

そのため、一般的には亡くなった方の数珠を遺族が形見としてもらうことはしません。
しかし、故人が数珠を複数持っていた場合や、生前に譲りうけた場合はその限りではありませんので、ぜひ大切にお使いください。



終わりに

Top

昔から数珠はただの道具ではなく、魂の宿る神聖なものと考えられてきました。
室町時代の「付喪神絵巻(つくもがみえまき)」という絵巻物には、捨てられた数珠が変化した「一連上人(いちれんしょうにん)」という付喪神(古くなった物に魂が宿った妖怪)が登場します。

これは、数珠を大切に扱わなければならないというメッセージでもあると思います。

数珠は丁寧に手入れをしていれば、生涯にわたって使用することができます。
たとえ手放すことになっても、最後まで心をこめて大切にしてあげて下さい。



関連するおすすめ商品一覧をみる

関連するおすすめ商品一覧をみる

POPULAR人気の記事

NEW RELEASE新着の記事

POPULAR人気の記事

NEW RELEASE新着の記事

レビューを記載いただくともれなく「1,000円」商品券進呈

PAGE TOP